FC2ブログ

罪と祈り

著者:貫井徳郎



隅田川で発見された遺体。それは、元警察官であった辰司。事故死と思われたが、遺体には何者かに殴打された痕跡が……。実直な父が殺されたことに納得がいかない辰司の息子・亮輔は、父がどういう人物であったのかについて調べ始める。その調査はやがて、幼馴染にして親友の刑事・賢剛の父の自殺へと結びついていって……
久々に読んだ著者の新作。
物語は亮輔、賢剛の視点で綴られる現代パートと、二人の父の視点で綴られる過去パートを繰り返す形で綴られていく。
出世とは無縁だったものの、真面目な交番のお巡りさんとして、周囲からの信頼を集めていた父。逆恨みなどの可能性がないとは言えない。けれども、果たして殺されるようなことがあるだろうか? 現代パートの二人は、父の人が変わってしまった、という30年前のことが気になってくる。何よりも、亮輔が思うのは、自分は父のことを知らなかった、ということ。
そして、その過去パート。まさしく、昭和から平成へと時代が移り変わりつつある時期。後のバブルと言われる好景気。しかし、その好景気は、不動産会社と暴力団の癒着となって地上げなどの形として現れ、地域社会を破壊しつつある。そして、その結果としての悲劇も……。そんな中、警察官でありながら何もできない辰司は、賢剛の父・智士らと共に誘拐事件を起こすことを計画していく……
著者の作品というと、デビュー作の『慟哭』のような仕掛けの印象がある。その意味で、本作も一つ、仕掛けそのものは存在している。けれども、そこは主眼でも何でもないかな? という風に思う。むしろ、30年前の事件。時代の変化、というものが生み出したチャンス。犯罪ではある。けれども、決して人を傷つけることがないはずの作戦。でも、それが思わぬ形で失敗し……
軽い気持ちだった、とは思いたくない。けれども、結果を見れば、という結末。それがもたらしたもの。そして、現代で、父たちの過去を知った二人が下すことになる決断……。過去を知らない。では、知ってしまった後は? どちらの決断が正しく、間違っている、というわけではない。単純に考え方の問題。だからこそ、譲れなくなってしまう……
意外性の物語ではない。けれども、作中での誘拐事件のアイデア。そして、知られざる過去を知ったときの思いの交錯。そういう人の心情について掘り下げられた物語であるといえよう。

No.5233

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

スポンサーサイト



COMMENT 0