FC2ブログ

ルパンの帰還

著者:横関大



警視庁捜査一課で活躍する刑事・桜庭。彼の部下に、一人の新人刑事が配属された。その新人刑事は京都で代々続く名探偵一家の娘・北条美雲。天才的な推理力を持ちながら、集中すると周りが見えなくなり、様々なドジをやらかしてしまうという一面も持つ才媛。そんな彼女は、殺人事件の現場に残された「L」の文字に着目するそれは、彼女の祖父が対決した「Lの一族」との関連性も疑われるため。しかし、その桜庭の内縁の妻・三雲華こそ、その一族の娘だった。そして、そんな華と娘の杏がバスジャック事件に巻き込まれ……
『ルパンの娘』の続編にあたる作品。
正直なところ、前作については、キャラクターの強さとかに惹かれたものの、作品のノリ自体がイマイチ、肌に合わないな、と感じたところがあったのだけど、作品のノリに慣れたこと。さらに言えば、ある意味ではご都合主義だと感じた華の家族とかの出番が少ないため。
そんな中で、華が巻き込まれたバスジャック事件。犯人は乗り込んでおらず、爆弾を仕掛けた、という脅しと共に身代金の要求が。どこから犯人が見ているであろうことは予測できる。しかし、どこから? さらにどうやって身代金の受け渡しを? やがて、それは、美雲、華の活躍によって失敗に終わるが、何かモヤモヤとした印象が残り……
バスジャック事件の失敗から、その裏で行われていたこと。そして、その事件と、本来、担当していたはずの事件のつながりへ……。この辺り、良い意味で軽いキャラクターたちのやりとりと、テンポの良い展開が上手く組み合わさって素直に楽しめた。そして、そんな事件の中で明らかになってくる事件の黒幕とも言うべき存在が出て……
って、そこで終わりなの!?
黒幕の姿が見え隠れして、その下で糸を引いている存在を捕えることが出来て、そして、その黒幕の正体が明らかになって……で、なんか、有耶無耶になってしまった感じ。なんか、中途半端感を感じてしまう。
全体的には面白かっただけに、なんか、物語の締めに不満を覚えてしまった。

No.5238

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

スポンサーサイト



COMMENT 0