FC2ブログ

魔弾の射手 天久鷹央の事件カルテ

著者:知念実希人



西東京市にある時計山病院跡。11年前に起きた医療ミスにより、廃院に追い込まれたこの建物で、一人の看護師が転落死した。11年前に自殺したとされるその病院長の娘であった彼女は、事件の状況から自殺と判断された。しかし、その娘(院長の孫)・由梨だけは、自殺ではないと主張。転落しする者が相次いでいる「呪いの病院」。鷹央は、その頼みを受けるのだが、しかし、いつもと様子が異なり……
シリーズ第10作。
なんか、このシリーズも大分長く続いているけど、だんだんネタ切れ感というか、マンネリ感が出てきたような……
物語の最初に鷹央の様子がおかしい、と書いたのだけど、その理由は、彼女はある病に侵されていた。そう、外出すらできないような病……インフルエンザに! そこで、小鳥遊と鴻ノ池がその廃病院に向かうが、「十人以上死んでいる」「幽霊のうわさがある」の通り、そこには幽霊が……。一旦は驚いて逃げ出した二人だったが、直後に戻っても仕掛けなどの類はなくて……。インフルエンザから復活した鷹央がそこへ向かって……
こういうと何だけど、このシリーズの長編作品って、大体、このタイプの構成を取っている気がする。オカルト的な事象が発生し、その真相を明らかにする。勿論、ここは医学的な話とかはなくて、純粋にトリックによるもの。まぁ、このトリックについては昔の建物などの構造とか、そういうのを上手く利用していて、なるほどな、とは思うのだけど。
そんな一種の茶番をやっている間に、今度は由梨の叔父がそこで転落死を遂げる。その状況を見ていた鷹央や、小鳥遊だったが、転落の際、明らかに何者かに狙撃されたかのような格好になっていた。しかし、遺体に、狙撃されたような外傷はない。見間違いではないか? などと言う警察の視点もあるのだが、しかし、納得できない。廃病院は本当に「呪われている」のか? だが、そこで死んだ人々について調べると……
この病そのものは、「なるほど!」と感じる。言い方は悪いけど、その一発ネタのために、引き延ばした感がどうしてもするのだ。そもそも、鷹央が犯人に仕掛けた罠と似たような状況って、それまで起きなかったのだろうか? とか思えてしまう。
前半の幽霊騒動。後半のトリック。それぞれにサプライズはあり、びっくりしたのだけど、それぞれ、短編向きじゃない? っていう想いも同時に思ったり。

No.5250

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

スポンサーサイト



COMMENT 0