FC2ブログ

育休刑事

著者:似鳥鶏



県警本部捜査一回・秋月春風巡査部長。生後3か月の息子・蓮くんのため、異例の育児休業中。そんな中、息子・蓮くんを連れて訪れた質屋で、強盗事件に遭遇。しかも、それは、密室状態での殺人事件に発展してしまい……(『人質は寝返りをする』) など、全3編の連作短編集。
あれ? 著者って、育児中? とか、ちょっと思ったり……。いや、そうであっても全くおかしくない、というか、自分と同年代なので、下手すりゃ、晩婚とか言われそうな年代なのはわかっているけど……
物語としては、育児休暇中の主人公・春風が、息子である蓮を連れてお出かけ。そんなときに不可解な犯罪が発生。一旦は、その状況から解放されるものの謎のまま。そんなとき、蓮くんが起こしたふとした行動で真相を、という形で物語が進展する。
こういうと何だけど、謎そのものは、結構、シンプル。冒頭で出した1編目だと、質屋に行っている時に、強盗事件が発生。すぐさま、警察に通報し、質屋の周辺は警察が見張っていた。にもかかわらず、強盗の一人が射殺体となって発見され、もう一人は消えてしまった……。こうなると、何となく怪しい人は……って感じになってしまう。その中では、交通渋滞にはまっていたはずの車が、その時間帯になぜか別の場所で起きた殺人事件の現場に、っていう2編目が面白かったかな?
むしろ、そういうところよりも、謎そのものよりも、著者お得意の脚注という名のツッコミなどが面白かったかな? 男性が小さな子供を連れていると、妙な気を使われる、とか、ベビーカーなどは、女性の体格を基準に作られているので、空の大きな男性には使いづらい、とか、そんな文言がこれでも、と。まぁ、普段からアイロニーな言い方のそれが多い中、本作のそれは、いつも以上になっているので、人によってはちょっとくどいと感じるところもあるかも知れないけれども。
そういうところが、冒頭に書いた、著者は育児中? と感じる所以だったりする。

No.5263

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

スポンサーサイト



COMMENT 0