FC2ブログ

黙秘犯

著者:翔田寛



船橋市の住宅街で大学生が殺害された。目撃証言、そして、凶器に残された指紋から浮かびあがったのは、傷害事件により執行猶予中の男・倉田。だが、被害者である大学生と倉田が、現在、住み込みで働いている旅館が、同じ千葉県館山市という共通点があった。船橋署の捜査員が、倉田について捜査を開始するが、そこで見えてきたのは、禁欲的な倉田の生活。さらに、倉田が働いている旅館の息子の不可解な死と、館山、船橋で起きた連続婦女暴行事件が浮かび上がってきて……
『冤罪犯』のメンバーが再登場する作品。ただ、前作を読んでいなくても、物語としては全く問題なし。
まず言えるのは、面白い! ってこと。
冒頭に書いたように、物語は、船橋市で起きた大学生の殺害事件から。様々な証拠から、容疑者とて浮かび上がって来たのは、傷害で執行猶予中の倉田。しかし、倉田を知る者は、皆、口をそろえて「真面目で、禁欲的」との声。その一方で、過去の事件もあるし、という不安。そして、勤務先の、不可解な死を遂げた旅館の息子と争っていた、という証言。だからこそ、何かを隠しているのでは? という声が上がる一方で、倉田が、そんな事件を起こすのか? という疑問も積み重なっていく。
その一方、被害者を知る人は、明るくてお調子者、と口をそろえるが、その一方で、調子に乗ってのトラブルも、という。そんな中、被害者と、その友人が旅館の息子へ酷い苛めをしていた、という話も交じり始める。そして、睡眠導入剤を悪用した婦女暴行事件があり、旅館の息子がマークされており、しかも、その息子の死から止んだ、という事実。さらに、死んだ息子の姉が婚約中という話。さらに、倉田自身が過去に起こした事件にも不可解な点があって……
登場人物たちの生活圏やら何やらが近く、関連しているものも多い。しかし、一見、それらがどう繋がっているのかが良くわからない。そんな中での、捜査員たちの地道な聞き込みで見えてくる僅かなヒント。それらがしっかりと結びついていく過程は読んでいてどんどんひきこまれた。
そして、何よりも、中心人物である倉田。生い立ちから、過去の事件。そして、今回。極端と言えば、極端である。でも、それでも、納得できるように掘り下げられているのは見事の一言。さらに言えば、作中では、ある人物への「想い」というある種、陳腐な言葉で言われているのだけど……。その部分もあったとは思う。でも、自身の後悔とか、そういうものも入り混じっていて、その言葉だけ、ではないんじゃないか、という気分になった。そう思わせること自体が、引き込まれた、ということの証拠である、と言えるだろう。

No.5281

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。


スポンサーサイト



COMMENT 0