FC2ブログ

ノラネコ彼女を餌付けしたい

著者:天乃聖樹



仕事が途絶えたフリーシナリオライターの結人。そんな彼は、従兄弟の緑さんが経営するシェアハウス・ノラネコの管理人になる。だが、そこは掃除洗濯、料理……何一つ出来ない生活能力皆無なダメ人間の巣窟だった。しかも、住人の少女たちは、結人を警戒し、追い出すためのハニートラップを仕掛けてきて……
物語としては、前後半で結構、カラーが異なっているかな? と。
前半は、結人を警戒する少女たちが、結人を性犯罪者に仕立て上げて追い出そうとするドタバタ。基本的に、生活能力が皆無な面々で、緑自身もダメダメな上、ヤンデレ系な妹・梨里は食事と言って、ただひたすらにカップ麺を渡すだけ。廊下などは汚れが積み重なり、元の色が見えない。そして、風呂は……
(何だかよくわからない)キノコが大量に生えている、って……。しかも養殖中(笑)
まぁ、キャラクターがそれぞれ違った方面でのダメさで突き抜けているのが楽しい。緑、梨里については、上に書いた通りだけど、シスター服を着て男嫌いを標榜する久遠はエロ妄想たくましいし、風呂でキノコ栽培をしていた鈴葉は別の意味で食生活がアレだし……。そりゃ、トラブルにしかならんわ、という感じで。
で、その中でだんだんとピックアップされていくのは、良くも悪くも無防備で純粋な雪菜。引きこもりを自称し、自分は何もできない、という彼女を、家族が見つけ……。雪菜がピックアップされていく後半は、結構、シリアス。
何もできない、というけれども、一応、プロのシナリオライターとして、ゲーム制作なども関わってきた結人からすれば、十分に魅力的なイラストを描くことができる。しかし、家族は、そういうものを一切認めず、ダメな娘として扱う。毒親、と言えば、その一言で済むんだろうけど、家族という狭いコミュニティの中で否定され、その価値観に凝り固まってしまう、ていうのは実際にもある話なのは間違いのないところ。その辺、色々と思うところがある。まぁ、雪菜の家族そのものも、かなりのクズだけどね。
解決方法がちょっと強引な気はするけど、でも、ハッピーエンドで良い、のかな?
今後、久遠とか、鈴葉とかも掘り下げられるだろうけど……、やっぱり、トンデモな状態なんだろうな。

No.5289

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。


スポンサーサイト



COMMENT 0