FC2ブログ

老父よ、帰れ

著者:久坂部羊



「認知症を治したい、これ以上悪くしたくない、と思うこと。それが、介護の失敗を招いてしまいます」 認知症患者を多く見た医師の講演を聞いた好太郎は、認知症を抱え、老人ホームに預けている父を引き取ることを決意する。妻子を説得し、弟夫婦とも相談の上、父を引き取った好太郎だったが……
認知症介護を題材とした作品。
認知症を題材にした著者の作品『老乱』は、介護というよりも認知症になった本人と、家族の間の認識のズレとか、そういうものを主題にした作品。それに対し、本作の場合、好太郎の父は既に認知症状態。そして、そんな父の介護をする中でのアレコレを好太郎視点で綴る、という形になっている。
作中で、重度の認知症になると……という話なども出ているし、実際にあったら結構、厄介なことも多いのだけど、比較的、ライトな作風で綴られている。ただ、色々と示唆される部分はある。
例えば、認知症を治したい、なんていうこと。それは介護をする側の都合であり、本人のそれではない。まぁ、実際問題として、介護をする人間のリソースにも限界がある。だからこそ、というのも当然のこと。でも、それは本人にとってどうなのか?
さらに、家族自体は良いとして、その近隣の人びとは? はたまた、介護をする好太郎。本人のために、といっても、重労働であることは間違いない。そんな中でやりがいを求めてしまうが、それは? 一生懸命、介護をしている自分のことは思い出してくれないのに、周囲の人については……。本当に些細な事ではある。でも、その些細なことがちょっとしたトゲとなる。ライトな雰囲気で綴られているのだけど、でも、そこかしこに、「こうだろうな」と思わせる部分が沢山あるのは、そういう世界に身を置いている著者だから描けることだと思う。
物語全体を見渡すと、終盤はちょっと話を急激に収束させた感はある。体力とかが落ちて、とか、そういう状況での介護とかも掘り下げてほしいかな? なんて思うところとか、そういう部分で……。ただ、そこをやり始めると、このライトさは消えてしまうのだろうし、あくまでも軽く読めつつ、介護についてのアレコレを描く、というコンセプトであると考えるとこれで良いのだろう。
エンタメ作品として読めつつも、介護などについて考えるきっかけになる。そういう作品じゃなかろうか。

No.5293

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

スポンサーサイト



COMMENT 0