FC2ブログ

bella peregrina. カワイイ天狼の育てかた。2

著者:山下泰昌



エンジェル・ライドの定期開催が決定。再び召集された雅文たち。オルとも再会し、再びペアを組もう、ということになるのだが、そこに現れたのは、オルのレースに憧れる少女・ミミ。「ミミはお兄ちゃんに憧れてるんよ」 そういう彼女は、オルと雅文の間に割り込もうと……。しかも、なぜかオルと雅文の同調が上手くいかなくなってしまい……
大分、久々に刊行された第2巻。
え? そういうことなの!? っていうのが、正直なところ、読み終わっての感想。
物語の主軸となるのは、前回のレースで同調をした雅文とオル。だが、再会した二人は、なぜか同調をすることが出来ない。そして、そんな間隙を突くように現れた、雅文に乗ってほしい、というエンジェル・ミミ。さらに、オルと雅文が、というのが許せないオルの兄弟・エル。そして、スキム……
文字通り、オル、雅文を巡っての争奪戦ということになるのだけど、その中で気になる雅文とオルのアレコレ。前回のレースの中で、オルは確かに雅文にキスをした。そのことが? それとも別の要因が? そういう、自分自身が気づかない心の変化が? とか、そういうのを想っていたら、ちょっと意外な理由だったので、そっちなんだ、と思ったというわけ。そこは、ちょっと残念な感じもした、というのが正直なところ。
ただ、その一方で、レースやらのアレコレは相変わらず面白い。オルとの同調が出来ない中、雅文はミミとコンビを組むことに。エンジェル、としては致命的にスピードのないミミ。しかし、エンジェルの姿になった彼女は、巨大で、とてつもなく力強い、という武器がある。レース中、相手の邪魔をすることも可能である、という特徴を生かせば、最高速で負けていたとしてもチャンスはある。その武器を最大限に活かす作戦を練る雅文。その結果、好成績を叩き出し、自信を強めていくミミ。そんなときに……
作品を巡っての背景となる世界情勢とか、そういうのはあるのだけど、個人的な好みでいうのならば、レース一本でも良いんじゃないかな? とはちょっと思う。正直なところ、同調を邪魔した存在の動機が、イマイチ、よく理解できなかった、というのがあるだけに。
ただ、レースそのものの面白さ。同調が上手くいかずとも、それでも、パートナーとなりたい、という雅文とオルの特訓。そういうところの真っすぐさ、っていうのが大好き、っていうのは変わらない。

No.5307

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

スポンサーサイト



COMMENT 0