FC2ブログ

楽園の真下

著者:荻原浩



日本でいちばん「天国に近い島」と言われる亜熱帯の島・志手島。本土から船で19時間。マリンスポーツが盛んなそんな島で、ギネス級の大きさを誇るカマキリが発見された。珍しい動物についての本を執筆していたフリーライター・藤間は、取材のため、その島を訪れる。だが、彼の本来の目的は、2年間で12名もの人間が自殺をしている、と言う部分の取材であった……
うん、完全にとあるジャンルの映画だった(笑)
物語の中心となるのは、巨大なカマキリの存在と、島で相次ぐ自殺。とりあえず藤間は、当初の目的であるカマキリの取材に赴く。動物学者である秋村と共に山に入る。そして、その中で、島に生息する動物が減少している、と言う話を耳にする。そして、自殺者が相次いでいる、という泉で、巨大なカマキリを発見する……。そんな矢先、今度は新たに不審な死を遂げる者が現れ……
結構、早い段階で、カマキリ。そのカマキリに寄生し、不可解な行動をとらせる存在、というのが明らかになっているので、こうなんじゃないか? という想像をすることは出来る。そして、その予想は中盤でその通りだった! というのも……
ただ、著者の、普段の作品では「ゆるさ」とも感じさせるのほほんとした物言いとか、そういうのが中盤以降は良いアクセントになっていく。自殺事件、そして、野生動物などの減少。その理由について、藤間と秋村にとっては明らか。だからこそ、必死に危機を訴えるのだが、島の人々の反応は遅い。そして、いざ、山狩りに、となっても、その巨大なカマキリの映像などを見せても、人々の反応は昆虫採集の延長線。しかも、観光に影響が出るから、と応援要請を渋ったり……。これ、藤間視点で見るからこそ、歯がゆさを覚えるのだけど、実際、当事者になったらぴんと来ない、っていうのはあるだろうし、結構、現実にもこういうことがあるんじゃないかな? というのを思わされる。
……で、終盤の展開は……うん、あのジャンルの映画だった(笑)
よくよく考えると、なぜ、そのような状況になったのか、という原因とかは不明だし、藤間自身も……っていう部分は残ったままだし、そして、オチ部分は……
一気に読ませる力があって、面白い。それは確か。……と同時に、完全にあの手の作品を踏襲したっていうのは……狙って、だろうな……多分……

No.5315

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

スポンサーサイト



COMMENT 0