FC2ブログ

スーパーカブ6

著者:トネ・コーケン



高校最後の日・卒業式。小熊、礼子、椎の3人は、窮屈な式典の終わりを合図にポケットからキーを取り出した。高校生から、大人になるまでの猶予期間。その時を過ごす新たな地・東京を知るために、3人はカブを走らせる……
ということで、3人の卒業旅行を描く巻。
とは言え、序盤3分の1以上は、前巻で入院したこともあり、授業に出られなかった小熊が補習授業を受けながら、卒業旅行に行こう、というようなことがまとまるまでの話を描いているので、卒業旅行だけ、ではないのだが。
何と言うか……今回のテーマは、新天地を知る、ということなのかな?
これまで、小熊たちが暮らしていた山梨県。そこでは、例えば、バイクがあれば、どこにでも行くことが出来た。そして、ちょっと空いた場所があれば、そこに駐車することも。しかし、最初に目指した代々木公園周辺ではそれが出来ない。駐車をするために、駐輪場を探し、勿論、お金を払わねばならない。それだけでも、文化のギャップがある。さらに、東京の東西南北の果てを目指して走る中で知った、ひたすらに広がる「東京という街」の存在……。
まぁ、私自身も千葉県の最果て出身なのでわからなくはない感じ。一応、隣の県という部分もそうだし、しかし、街並みとか、そういう物も含めて全く違う文化の場所(これが、千葉県北西部出身とかだと別だろうけど) バイクで街を駆け抜けていくから、それを実感できる、というのは絶対にあると思う。観光地巡り、とかではなく、ただ、街中を駆け巡って……。こういう旅の面白さ、っていうのも思う。
そんな旅を通し、東京の東西南北を巡り、小熊、椎の生活の地を訪れて……で、最後に小熊が提案した場所……
「けじめ」という意味では重要なのだと思う。思うのだけど、作中では、礼子は、放浪の旅に。他の二人は大学へ……で、礼子が自由人的な扱いになっているのだけど、私はむしろ、小熊の「自由さ」とでもいうべきものが羨ましかったりもする。いや、実際には親がいなくて……とか、苦労があるのはわかる。わかるのだけど、一方で、完全に自分の意思だけで人生を決められる。こういうと何だけど、「けじめ」として「別れ」を出来、目の前のことにすべてを割ける自由さ、っていうのは羨ましいと感じる部分もあったりする。地元とのしがらみが鬱陶しいと思っている自分としては……
ある意味で、物語は一区切り。ここで終わっても良いと思うのだけど、さて、どうなるのだろう?

No.5316

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。
スポンサーサイト



COMMENT 0