FC2ブログ

時空旅行者の砂時計

著者:方丈貴恵



瀕死の妻のため、謎の声に従い2018年から、1960年へとタイムスリップした加茂。妻を苦しめていたのは、その一族である「竜泉家の呪い」。加茂は、その発端となった、一族のほとんどが死亡した「死野の惨劇」を防ぐこと……
第29回鮎川哲也賞受賞作。
選評にも合った通り、『屍人荘の殺人』(今村昌弘著)が、空前のヒットを記録する中で執筆された作品。それを踏襲したわけ、ではないのだろうけど、本作もちょっと変わった趣向が凝らされている、と言う感じ。粗筋でも書いた通り、物語の前提としてタイムスリップというのが存在しているわけだから。
ということで、瀕死の妻を救うため、その原因を取り除くべく、過去へとタイムスリップした加茂。過去に辿り着いたそこでは、いきなり不可能殺人が発生したばかりの竜泉家の別荘。殺人鬼がいるのでは? なんていう中、竜泉家の孫娘・文香の機転もあって探偵としてその事件に関わることになって……
次々と発生する殺人。それぞれが不可思議な状況で発生。それぞれ、論理性を中心に推理をするが……。そんな中で判明する加茂をタイムスリップさせた「奇跡の砂時計」の秘密。それが原因となって、世界そのものを破滅させかねない計画。そして、加茂自身の存在とは? そんなところから、最初にタイムスリップはあったけれども普通の本格モノ、と言う感じだった物語がファンタジーを伴ったものへと転換していく。本格モノの作品って、場合によっては、前提条件の説明だったり、とかで事件が起こるまで、そこから……がちょっと長いと感じられたりするものもあるんだけど、状況がどんどん転換していくため、テンポよく進んでいく、というリーダビリティの高さは特筆ものだと思う。
そして、その真相。
メインは、先にも書いたように、ファンタジー要素があったこそ、ではあるんだけど、それ自体もちゃんとルールの中で論理的。さらに、その周辺でのは、ちゃんとその時代であっても……と言うものがちりばめられており、設定とかによっては、タイムスリップなしでも通用するものになっていて、変わり種のメインディッシュはあれども、前菜とかは、正統派なもの、というコース料理みたいに思えた。っていうか、奇跡なしでも、と作中で自ら言ってしまう辺りはちょっとメタ発言っぽくて面白かった。
うん、面白かった。

No.5346

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

スポンサーサイト



COMMENT 0