FC2ブログ

欺す衆生

著者:月村了衛



戦後最大の詐欺事件と言われた横田商事事件。末端のセールスマンであった隠岐は、その過去を隠しながら暮らしていた。そんな彼の前に現れたかつての同僚・因幡。因幡に導かれるままに、再び「ビジネス」の世界へと足を踏み入れることになる隠岐だったが……
以前に読んだ『東京輪舞』と同様、「平成」という時代を背景にした作品。
冒頭に書いたように、かつて、一大詐欺事件と言われた横田商事事件で、セールスマンとして働いていた隠岐。そんなときに再会したかつての同僚・因幡。以前、横田商事にいた、ということがバレるだけで会社に居場所はなくなってしまう。妻子の為にも、バレるわけにはいかない。渋々ながら、因幡に手を貸すことになった隠岐。しかし、かつてのように、老人などをカモにするわけではなく、欲にまみれた相手を原野商法で、という形でのもの。良心の呵責も少なく、成長する子供のためにも、と自分を納得させる隠岐。しかし、事件後、因幡は今度は、和牛商法へ……
ある意味で、隠岐の成長物語、という感じなのかな?
半ば無理矢理に誘われた詐欺。しかし、比較的、良心の呵責のないところで、感じた快感。それでもやりたくない、と言いつつも生活の為、と続ける詐欺。その中で……。詐欺師という立場ではある。しかし、常に「ここまで」という一線は保とうとする。しかし、相次ぐ修羅場、次なる仕事、の中でその線引き自体もズレていく。何よりも、自分を引きずり込んだ因幡。危機の中で手を組まざるを得なくなった暴力団員・蒲生と言った面々もまた、自らの思惑などの中で脱落していく。そして、そんな彼らを切り捨てていって……
嫌々ながらも生活の為に。詐欺をしているのは確かだが、しかし、という一線を引いた活動。その中で出来ていくしがらみの中、それでも……という線引きをしながら一歩を踏み出していく。常にギリギリの綱渡りであるが、しかし、しぶとく生き残っていく。そして、その中で隠岐自身も図太さというようなものを身に着けていく。そして、国家レベルをも巻き込んだ、大規模な計画が出発するが……
いつも通り、順調に進み始めたと思われた計画。しかし、思わぬ形で表出した綻び。さらに、自分が守ろうとした家族の中にも出てくる危機。その時に……
常に、「家族の為」ということを言っていた隠岐が、しかし、その前提が破壊されつつある……となって、どう決着するのか? と思ったら……。なんか、その危機自体は去ったものの、「あれ? これで終わり?」っていう感じなんだよな。
あくまでも個人的な希望としては、良いにしろ、悪いにしろ、隠岐には、その人生の決着をつけてほしかったんだけど、何か拍子抜けな終わり方になってしまった、というか……。ある意味、皮肉な部分はあるのだけど……。
単行本で500頁あまりの分量で、一気に読ませるだけの勢いもあるけど、最後はちょっとモヤモヤとした。

No.5362

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。


スポンサーサイト



COMMENT 0