FC2ブログ

そして、遺骸が嘶く 死者からの手紙

著者:酒場御行



「今日は何人撃ち殺した、キャスケット」 統合歴642年、クゼの丘。1万5000人以上の犠牲と引き換えに、ペロドット国は森鉄戦争に勝利した。それから2年。狙撃兵・キャスケットは陸軍遺品変換部員として、亡くなった兵士たちの遺品を遺族へと返還していた。死神と、呼ばれながら、遺品を返還する旅、キャスケットの胸中をよぎるものは……
第26回電撃小説大賞・選考委員奨励賞受賞作。
一般小説のレーベルであるメディアワークス文庫で刊行された本作だけど、電撃文庫の方で刊行されても違和感はなかった気がする。まぁ、派手な戦いとか、そういうものがあるわけではないから、なのかな? ただ、電撃文庫でも『シゴフミ』(雨宮諒著)とかもあるからなぁ。
てな余談から始めたわけだけど、物語としては、キャスケットが遺品を届け、その遺品を受け取った遺族が……という連作短編形式で綴られる。そして、その内容はかなりヘビー。
例えば、1編目『サリマン・キーガン』。遠く離れた街で働くアルマの元を訪れたキャスケット。それは、兄の死を告げるものだった。周囲の人びとから忌み嫌われるアルマと、そんなアルマに対する兄の想い。
アルマ視点で描かれるわけだけど、なぜ、アルマが周囲の人々に忌み嫌われているのか? その背景は、ある意味、戦時中の日本の状況を彷彿とさせるし(戦争が、国民戦争となった時代なら、とも思うが)、その上で、夫、長男を奪われた母の狂気……。そして、戦死した兄が、アルマに対して抱いていたもの……。不甲斐ない自分と、そんな空気を読むことが出来るアルマ。その関係性が優しく、そして悲しい。
また、2編目の『ノル・リセーニュ』の結末については、色々と思う。どん底の生活の中、希望であったもの。その希望が……。
そして、物語はキャスケット自身のことに……。極貧の中で育ち、地頭の良さは合っても、教養も何もなかったキャスケット。しかし、上を目指すベーゼにとって、そんな彼を使いこなすことこそ、力の証明だった。しかし、そんな中で……。利害で結びついた関係。それでも芽生える親愛の情。だからこそ、戦により、それを失ったキャスケットは……。
短編の形でエピソードを積み重ねる中で、少しずつ明らかになっていくキャスケット自身のこと。そして、絶望的な作戦がとられた理由。そういうものが見えてくる構成は非常に丁寧。その中での切なさ、と言うのが光っていた。

No.5413

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

スポンサーサイト



COMMENT 0