FC2ブログ

詐欺師は天使の顔をして

著者:斜線堂有紀



一世を風靡したカリスマ霊能力者・子規冴昼が失踪して3年。子規と共に霊能力詐欺を働いていた呉塚要の元へ、突如、子規から連絡が入る。彼の導きのまま訪れたそこは、超能力者しかいない世界。そして、そこで彼は殺人の容疑をかけられているという。「非能力者にしか動機がない殺人」。そんな彼の容疑を晴らすため、要は調査に乗り出し……
というところからの連作短編形式の物語。
かなり特殊な設定のミステリだなぁ。超能力があることが前提、とか、そういう作品は決して珍しくないのだけど、この作品の場合、そこに紛れ込んだ、ただの一般人が、というところがポイント。
ということで、1編目『超能力者の街』。人々は全員超能力者で、そこに紛れ込んでしまった子規。彼が容疑をかけられている事件は、不動産会社の社長の殺害。皆、手に触れずにモノを動かす能力を持っている。朽ちたビルの屋上で殺害された社長だが、その非常階段を何者かが歩いた形跡が。しかし、殺すのであればわざわざ階段を使う必要はない。遠隔攻撃でやれるから。となると、その能力を持たない子規が、ということになる……
皆が、超能力を持っているから、という状況だからこその見落とし。その中で、要と子規の、「詐欺師」なりの事態の解決法。「超能力を持たない」からの容疑から、「超能力を持たない」から容疑圏外へ、という流れが見事の一言。
2編目『死者の甦る街』は、その名の通り、死んでも幽霊となってその場へ戻る、という世界。そこで、子規や要と同じく、そこへ紛れ込んだ普通の人間の女性が殺害された。この世界で、殺人は軽い罪。にも拘らず、死体を隠す、ということまでして……。その背景にあるのは?
こちらでは、異世界ともいうべき場所へと言ってしまう子規のような存在は? というような背景が説明され、さらに、人が死んでも生き返る、というからこその重罪も……。その辺の作り込みも印象に残るのだけど、それ以上に同期の方が印象的だった。そして、それがそのままエピローグにも関わっていくだけに……
物語として、一段落はついているけど、まだ、色々な世界観が待っているだけに、続編も期待したいところ。

No.5414

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。


スポンサーサイト



COMMENT 0