FC2ブログ

ワトソン・ザ・リッパー さる名探偵助手の誰にも話せない過去

著者:SOW



19世紀、「世界の半分を所有」した大英帝国の首都・ロンドン。カトリックの若き神父・ジェイムス・H・ローランドはロンドンを賑わす殺人鬼『切り裂きジャック』に狙われる女性・マーガレットの警護を命じられる。簡単な任務のはずが、異能の悪魔、さらには、謎の機械・蒸気甲冑らがオーランドに襲い掛かり……
ワトソン……言わずと知れたシャーロック・ホームズの助手。過去、オーランドと名乗っていた彼の過去は……という形で始まるのだけど、はっきり言えば、あまりホームズは関係がない。素直にオーランドがマーガレットを守るための戦い、という風に捉えて良いのかな? と。
物語の前提として、この作品世界では、悪魔という存在はしっかりと存在していて、かつ、悪魔の血を引く、という存在もいる。何しろ、他ならぬオーランド自身がそんな存在であり、表向きはロンドンのスラム街にあるカトリック教会の神父であるが、実はヴァチカンの裏仕事を請け負う存在、という立場。そんな彼が命じられたのがマーガレットという女性の警護。
ロンドンの街では、切り裂きジャックと呼ばれる殺人鬼が跋扈している。スコットランドヤードは、その事件の捜査、と言う中で、オーランドの暮らすスラム街で強硬的な捜査を続けている。まるで、スラムの人々を排除するかのように。一方、そんなローランドの前に現れた「切り裂きジャック」は、文字通りの機械甲冑。さらに、本物の悪魔・フェイまでローランドの周囲に現れる。
物語の中心となるのは、謎の機械甲冑との戦い、となるのだけど、その中でなぜ、マーガレットが狙われているのか? 売春婦ばかりを狙うジャックだけど、マーガレットは売春婦ではない。スラム街に住む普通の女性。それがなぜ? しかも、なぜ、ヴァチカンはマーガレットの警護を命じるのか? さらに、18世紀~19世紀の、産業革命、宗教闘争、貧富の差……。そういった様々な事情がしっかりと物語の根幹に関わってきて、メインはローランドのバトル描写かもしれないけど、ミステリ作品的な謎解き要素も入り混じってどんどん惹きつけられた。その真相部分の、どうしようもない闇と、悪魔よりも悍ましい人間社会の業なようなものも印象的。
うん、面白かった。

No.5417

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

スポンサーサイト



COMMENT 0