FC2ブログ

コーイチは、高く飛んだ

著者:辻堂ゆめ



日本体操界期待の若手選手・幸市。ちょっとした事故などもありつつ、コーチである両親、同じく体操をしている妹、同じクラブの仲間に囲まれ充実した日々を送っている。だが、そんなある日、妹が昏睡状態となり、彼を取り巻く環境は一変して……
著者のデビュー2作目にあたる作品。
なかなか目まぐるしく展開していく作品だった。
粗筋では、今現在、現役選手である幸市視点での物語のように書いたのだけど物語は、その時代の映像を子供と見ながら、しかし、その映像が心に引っかかっている父親視点の現在パートと、現役時代の幸市視点での過去パートの2つの視点で綴られていく。その過去パートの方が、冒頭の粗筋。
充実していた日々。勿論、クラブの中では、成績が伸びないとか、そういうものもある。しかし、それは些細な事。だが、妹が昏倒したことでその日々が終わりを迎える。妹が倒れた直前に、喧嘩をしていたクラブの少女。本人は否定しているが、どうしても彼女が起こしたことなのでは? という疑念は拭えない。さらに、その直前、妹は体操を辞めたい、とも、逆に高難度の練習を、とも言っていた。その矛盾は何なのか? それだけでなく、幸市の周辺で起きた事故にも疑惑が……
選手である幸市視点ではあるのだけど、結構、スポーツを巡ってのアレコレっていうのが強く印象に残る。アマチュアではある。あるのだけど、五輪など、世界を見据えた選手などもいる世界。クラブの中では、当然、高い技術を求められるし、お金もかかる。本人の意思とは別に、親が子供にかける期待。はたまた、それを糧にして進学なども、なんていう打算。幸市自身は正真正銘のトップ選手であるけど、そうではないある意味「普通の」選手たちの葛藤とかが、その選手側の視点で綴られていくのが特に印象的。そして、その中での、妹の事件の真相、さらに……。終盤は見事にひっくり返しの連続。現在、過去パートの意味もなるほど、と思う。
まぁ、その上での、タイトルである幸市が高く飛んだ、の意味……。ここは、わかるような、わからないような……という感じではあるのだけど。でも、色々と詰め込みながらも、しっかりと物語を着地させるセンスというのは、この時期からしっかりとしていたのだな、と実感。

No.5461

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

スポンサーサイト



COMMENT 0