FC2ブログ

密偵手嶋眞十郎 幻視ロマネスク

著者:三雲岳斗



第一次大戦後の日本。他者に自らの幻影を見せる、という特異な能力を買われた手嶋は、防諜組織・内閣保安局六課の密偵として活動していた。そんな活動の最中、新聞社に、中堅商社・久慈川貿易と軍が癒着している、という書状が届く。だが、その密告者は謎の死を遂げてしまう。そんな中、未来視の出来る少女・志枝と出会い……
一応、異能力バトルという側面はあるのだけど、中心となるのは、その事件が何なのか? という部分。
陸軍と久慈川貿易の癒着。その内定調査をし、関連のあった陸軍中佐を逮捕。そんなところから開始された物語。しかし、その中佐は殺害され、さらに情報をリークした男も不可解な死。その情報源の妹の警護をすることになる手嶋だが、陸軍の内部に不可解な動きがあることがわかり……
事件の発端となった久慈川貿易がやっていたこと。その影で動く陸軍。その中で見え隠れしてきた陸軍のある計画。それは、未来視の力とも関係してきて……。歴史を見ればわかるように、第一次大戦が終わった直後の日本。一応の平和がもたらされたとはいえ、国際状況はひっ迫した状況にあり、同時に人々の危機意識は薄い。そんな状況に苛立って……という焦り。その中で立案された陸軍の計画。だが、その裏に更なる計画が隠されていて。
異能力バトルの面は確かにあるのだけど、ただの癒着という問題が二転三転していく、という展開が素直に面白かった。
その上での、「未来視」の持つ意味。将来、このような状況になってしまう! それを知ったとき、人が何を思うのか……。事件の黒幕は、ある意味で、状況を回避し、最悪を避けようとしたこと、なのだろう。ただし、では、そのための犠牲を作ることが果たして人々、国のため、と言えるのか?
そして、何よりも歴史というのは積み重ねである、という点。ある時点を切り取って最悪だとしても、しかし……。歴史はそこで終わるわけではないし、常に進んでいくもの、というある意味では当たり前のことだが、それを忘却してしまう、ということも当然に起こる。手嶋と黒幕の戦いにおける両者の考えの違い、というのが印象的だった。

No.5475

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

スポンサーサイト



COMMENT 0