FC2ブログ

可愛ければ変態でも好きになってくれますか?10

著者:花間燈



いつになく真面目な面持ちの彩乃に頼まれ、彼女の生徒会長選挙を手伝うこととなった彗輝。対立候補である鬼塚恵は、校内での「恋愛禁止」の公約への反発もあって、選挙戦は優勢。だが、そんなときに彩乃が選挙を辞退しなければ……という脅迫文が届いて……
と言う感じの選挙戦が前半。
前半に関しては、そもそもが変態の巣窟である彗輝の周囲だけに、バレれば……という中での攻防戦。まぁ、彩乃のスキャンダルで……っていうのはわからんでもないのだけど、その脅迫そのものが、結構、変態ちっく(笑) 鬼塚陣営によるもの、というのはわかっているのだけど、恵自身ではない、ということがわかっているだけに……で……。っていうか、彩乃の顔に練乳を! とかって、それ、妨害になっているのか? という気もしないでもない。ある意味、支持率を増やすんじゃないか? って気もするし。
ただ、恵が出馬した理由。選挙公約の理由は、そもそもが彼女が振られた(という風に彼女自身が認識している)ことに起因するもので、しかも、その責任の一端が彗輝にあるのも確か。だから、恵自身にそれほど悪い感情を抱いたりできない、っていう部分もあるのは上手いな、と思う。劣勢に立たされている恵も、選挙の中で見せ場を作り、さらに発端となった部分についても一応の解決。綺麗な決着のさせ方だろう。
そして、後半……彩乃の生徒会に来ないか? という誘いを断り、書道部へと戻った彗輝。ところが、変態たちの様子が……?
慧輝が、変態ではない……ということを知って、ってことになるんだけど、普段の言動を知っているからこそ、慧輝の言葉が却って変態チックなものになるお約束。そして、若干一名、言わない言わないといって普通にボロを出している人(笑) 今回は表紙にもある唯花とデートをして……ということになったけど、今後の争奪戦についてのターニングポイントになりそうな感じ。

No.5479

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

スポンサーサイト



COMMENT 0