fc2ブログ

龍の右目 伊達成実伝

著者:吉川永青



独眼竜と呼ばれる伊達政宗。その一つ年下として生を受けた成実は、幼き日より、主家を支えるべく育った。信長、秀吉による天下が近づく中、それでも天下への想いを抱く政宗を、伊達家一の勇将として支えていた。だが、秀吉の小田原攻めが始まる中……
ということで、伊達政宗の家臣として、多くの武勇を知られる伊達成実を描いた作品。
伊達政宗の親族にして、そして、一つ年下の幼馴染でもあった成実。幼き日より、伊達家のために働け、という風に育てられ、天下が決しようとする中でも、天下の夢を諦めない政宗の文字通りの「右目」として活躍。しかし、宿敵である蘆名との戦いを破ったところで、秀吉による小田原攻めが始まって……
物語は蘆名との戦いが中盤までの山場。この辺りまでは、政宗と蘆名の執権・金上盛備の戦いを描いた『時限の幻』を別視点で見た感じもある。勿論、成実視点で描かれるため、とにかく「天下を取るためには、早く蘆名を破る必要がある」という想いで戦いに挑む姿が描かれる。まさに、この時代の二人は一心同体といった趣。だが、それも夢破れて……
秀吉が大軍を率いて小田原を攻める。しかし、それだけの軍勢を支えるだけの兵糧などの物資もまた膨大。その隙を付けば……という主戦論を展開。しかし、同じく伊達の重臣である片倉景綱は、より深い視点からの降伏を主張。そして、その景綱の進言は正しくて……
天下の夢、という思いから一致していた政宗と成実の関係は、その夢の消滅と共に変わりだす。天下の夢を失った中、母から疎まれて育った政宗の「歪み」とでもいうべきものが見えてくる。さらに、政宗の側近となった矢代勘解由らとの確執。その中で悪くなる政宗との関係性。そして、衰えた秀吉の行動を巡っての影ながらで行われる調略の中、成実が感じるのは、自分の存在意義。
政宗の「右目」となると誓った幼き日。槍働き、という形でそれを守ることが出来ていた。だが、平和な世になる中、自分のような存在は必要なのか? 調略などの働きではとても片倉景綱らには叶わない。自分は右目となることはできない。小勢力が争っていた時代から、天下の趨勢が決まった後の身のあり方。槍働きという部分で存在意義を見出してきた人物だからこその苦悩。成実の場合、実際に、伊達家を出奔していたらしい、ということがあるからこそ、余計に解釈とかの余地が入るわけだけど、実際、この時代の人物でそういう苦悩を抱えた存在って多かったんじゃないかと思う。例えば、江戸幕府が出来たのちに改易されてしまった福島正則とかだって、時代の変遷の中でそのルールなどに適応できなかった、という印象もあるし(勿論、幕府の外様、豊臣恩顧の将を警戒していた、という事情などもあるだろうけど)
ただ、実際、成実は出奔はしたものの、後に伊達家へと戻ってい。それは……。右目を失った政宗と同じように、成実もまた火傷により右手が不自由になっていた。そんな傷を負った同士だからこその信頼感。さらに、成実の時代の変遷に……というのは、主君として表には出せないが、政宗の心の中を代弁していたから。きれいすぎる解釈かも知れない。でも、出奔、復帰の事情がよくわかっていないだけど、こういうのもアリだろうな……と思う。
で、物語の中には出てこないのだけど、伊達成実について調べていて、江戸幕府が出来て……という時代に、政宗から「特に用があるわけじゃないけど、最近、会う機会もないからこの手紙を書いた」っていう内容の手紙があった、というのを見て、なんかほっこりした(笑)

No.5508

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

スポンサーサイト



COMMENT 0