FC2ブログ

ちょっぴりえっちな三姉妹でも、お嫁さんにしてくれますか?4

著者:浅岡旭



「本当の夫婦になる方法」 PCに残された検索履歴。三姉妹の誰かが、俺のことを? そんなもやもやとした気持ちに囚われることとなった天真。そんなときに、三姉妹の父であり、天真の雇い主である肇さんが告げたのは、三姉妹の嫁ぎ先が決まった、ということ。天真たちの動揺を余所に、最後の業務が始まって……
シリーズ完結編。
この終わり方は、きれいにまとまった……のか?
これまでの巻で、三姉妹それぞれが、天真に対して好意を抱いた、というのは明らかになっている。そして、そんな中での、嫁ぎ先が決まったから、相手の男性に対し、好意を持たれる振る舞いの最終仕上げ! 勿論、三姉妹の性癖は全く変わっていない上に、それぞれが天真に好意を抱いているからの、取り合い(勿論、隙をついて変態行為ばかり)というのが繰り広げられることに、というお話。
物語をまとめるにあたっての、これまでの色々なところがしっかりと回収されるとか、そういう部分はしっかりと仕上がっていると思う。
例えば、三姉妹は、それぞれに困った性癖を抱えているわけだけど、その性癖のことを知っているのは天真のみ。そして、それぞれが天真に対して好意を抱いているため、性癖を拗らせた行動を諫めているのを、他の2人は「〇〇と天真が二人で楽しそうにいちゃついている」と受け取る。そんな場面がたくさんあったのだけど、三姉妹が一緒になって行動をするために、その嫉妬とか、そういう部分が爆発。ただの修羅場状態に! というあたりは楽しかった。そして、その思いなどをそれぞれが知って、同時に、それぞれが「自分は変態性癖が……」と告白することによって一つの決着というのは、絶対に変なんだけど、妙に感動的(笑) その上で、天真自身へと話は移ろって……
そもそもが、金のために引き受けた仕事。最初から、三姉妹が男に慣れるための存在、というのは自覚していた。割り切っている、つもり。でも、三姉妹の自分への想いを知っているからこそ……
終盤の行動とか、その辺は王道中の王道とでもいうべき流れ。しかし、天真が自分の気持ちに向き合って、というのは王道だからこその良さがあると思う。思うのだけど……
この結末は良いのか? ともちょっと思ってしまう。
これ、解決しているようで、何も解決していない……というか、肇さんが格好良すぎだろう!(笑) もし、ヒロインが1人だけなら素直にまとまった感じがするんだけど、三人いて、っていうのは……
あぁ、そうか……。エロゲーのハーレムエンドだ、これ(笑)
そのあとの、後日談的エピソードは素直に笑いました。

No.5509

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

スポンサーサイト



COMMENT 0