FC2ブログ

紳士と淑女のコロシアム 「競技ダンス」へようこそ

著者:二宮敦人



大学に入った大船一太郎は、新入生歓迎会で競技ダンスの存在を知る。そんなものがあるのか、という気持ちでダンスパーティーに参加するのだが、これが、競技ダンスの世界へと足を踏み入れた瞬間であった……
これは、小説なのか?
一応、本の形式としては、大学生になった大船が競技ダンス部に入り、そこでの日々を過ごすパート。そして、大学を卒業し、当時の競技ダンス部の面々と当時のことを振り返るインタビュー記事のようなものを繰り返すような形で構成されている。まぁ、大学生パートは小説形式で綴られているのだけど、大学名とかは実際のそれをそのまま使っているし、小説のような形をとりながら、大学の競技ダンス、というものについて紹介した書、という印象のほうが強い。
はっきり言って、異次元の世界ではある(笑)
いわゆる体育会系の部活。例えば、野球やサッカー、陸上……なんていうものは、大学に入るまでの積み重ね、というのが大きくものをいう。しかし、競技ダンスには、それはほとんどない。皆が初心者だし、それでも優勝を狙うことだって十分にできる。何よりも、踊ることが楽しい。そんなところから始まり、しかし、練習はひたすらにハード。しかも、笑顔を絶やしてはならない、とか、そういう部分もある。そんな感じで始まっていくのだけど……
正直なところ、現在、オリンピックなどで行われているフィギュアスケートとか、シンクロナイズドスイミングとか、そういうものにも、表現点とか、そういう点数があり、「これは厳密な審査になるの?」なんていうのを思うところがある。勿論、それらの競技では、「この技を決めたら〇点」みたいな基準があり、そういう意味である程度、客観的な部分は担保されている。しかし、競技ダンスの場合、そういう基準すら存在しない。ある意味、究極の主観評価。しかし、一方で「競技」である以上、試合もあるし、それで敗れると……なんていう部分もある。その辺りの曖昧さ。
さらに、2年生になると「固定ペア」を作り、そこで選ばれなかった者は去っていくことになる。これも、例えば、陸上部だったら、この競技でこのくらいのタイムが出せないと、とか、そういうので客観的に見て、実力の足りない人間は……ということになるだろう。残酷だけど、でも、納得ができる部分もある。しかし、競技ダンスの「固定」の場合、それすらない。
いくら技術があっても、ペアとなりたい、という存在がいなければ外されてしまう。そのペアを巡っての部分にも実力だけじゃなく、相手と付き合っているから、とか、そういう面倒くさい人間関係も見え隠れする。そこまで露骨でなくとも、例えば、ペア同士の身長差であるとか、本人の努力じゃどうしようもない部分などで、どんどん切られてしまう。その相手を見つけるための男女、双方の駆け引きとか、そういうものがすごく怖い。しかも、その中には、体育会系らしい同調圧力とか、そういうものも含まれているし……
そういう意味で、宣伝文句の「社会の縮図」っていうのは、確かにそうなんだろう、とは思う。思うし、そういう世界であることを紹介する、という意味では成功しているとも思う。でも、私のように、競技ダンスを全く知らず、しかも、やる気もない人間がこれを読むと、そんな苦しい関係の場所に惹かれる人間って、どうかしているよ、とも思えてしまう(笑)
知らなかった世界を知る。その意味で、面白く読めたのは確か。
でも、そのことにより、これまで以上に「異次元の世界だ」という印象が私には残った。

No.5515

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。


スポンサーサイト



COMMENT 0