FC2ブログ

後宮楽園球場 ハレムリーグ・ベースボール

著者:石川博品



大白白帝国。野球の巡業で身を立てていた白白人が興した国。その皇帝暗殺を胸に秘める少年・海功は、少女に身を扮し、後宮へと入り込む。新入り宮女となった彼が見たものは、帝国中から集められた少女たちが帝の寵愛を受けるべく野球に熱狂する姿だった。野球少年であった海功もまた、その熱狂の渦に巻き込まれることになって……
著者の初期作品を読んでみているのだけど、やっぱ、ものすごくクセの強い作品だなぁ……
物語の流れとしては、冒頭に書いた通りなのだけど、ただ野球をするだけなのか? と言えばさにあらず。後宮に入ったカユク。彼は、当然、新米であり、その中の地位としては最も格下。その中で、当然のごとく、下に見られ、中には露骨に嫌悪を露にするものも。一方で、帝の寵愛を手にするために派閥争いなどもあり、各チームは各チームでの派閥争いのようなものも存在する。しかし、その中でも野球に勝って、帝に注目をされて……という部分では一致する。
そして、物語の主人公であるカユク自身のこと。極貧の中で育ち、大好きだった野球も取り上げられ、皇帝暗殺のために後宮へと入れられた存在。勿論、その目的を忘れているわけではない。しかし、新米として忙しく働く日々と、色々とありつつも大好きだった野球をすることが出来る状況。その中に、このままでも良いのではないか? なんていう感情も見えてくる。しかし、実際には男であるし、このままではいられないのも間違いがないわけで、その状況のギャップとでも言うべきものを常に抱えている。このあたりの状況というのが、独特の作品世界観を作り出している、というのは確か。
読んでいて、確かに面白い。色々な要素がごった煮になっているのに、なぜか闇鍋にならず、ちゃんと調和している、とでもいうか……。この独特の感覚はなかなか味わえないものだと思う。
ただ……逆に言えば、これ、どういう風に説明すればよいのだろう? という気分にもなる。
例えば、カユクが、皇帝暗殺を何よりも狙っていて……というのであれば、まだ違うのだろうけど、結構、日常に馴染んでいるわけだし、ただ野球をしている話か、と言えばそうでもない。わかりやすさ、というのがあまりないのが、セールスポイントとして欠けてしまっていたのかな? なんていうことを思ったりはした。

No.5522

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

スポンサーサイト



COMMENT 0