FC2ブログ

探偵はもう、死んでいる。3

著者:二語十



かつて名探偵シエスタの助手だった君塚君彦は、ある日、夏凪渚、斎川唯、シャルと共に誘拐された。そこで知らされたのは、シエスタの死の真相。そのことに呆然とする君彦たちの前に現れたのは、生前のシエスタと瓜二つの謎の少女。その少女は、今の過去映像にはある「間違い」が存在していると語りだして……
プロローグ・エピローグという言葉が、裏表紙のあとがきに載っているわけだけど、本作の在り方というか、そういうところからして、どういう風に言えばよいのかな? というのを思った。
2巻で語られたのが、シエスタがどのように亡くなったのか? という点であるならば、今回は、それを取り巻く、君彦とは違った存在……すなわち、夏凪であり、斎川であり、シャルとシエスタの関係性。病弱であり、そこで、行われる投薬実験を課せられていた少女にできた悪友とでもいえる仲間。アイドルとしての活動をしていた少女を襲う親のスキャンダル騒動。その中で、距離を持って、中立だと信じていたことが崩される状況。そんな彼女を殺す、という使命を持った少女にとっての葛藤。
正直なところ、申し訳ないのだけど、2巻段階のところで、物語に満足した感があって、3巻の途中までは、結構、流し読みというか、単純に過去のエピソードだ、という感じで読んでいた部分があった。勿論、その中で、それぞれにとってシエスタがどういう存在だったのか? なんていう部分は興味深く読むことができたし、その中で、君彦とシエスタの助手的な立場を争っていたシャルが……とか、驚きもあった。また、世界のバランスなどを保つ12人の『調律者』なる存在がおり、シエスタもその一人。そして、同じ『調律者』たる存在が次々と出てくる、というようなところでの世界観の広がりとカ、そういうのも感じつつも……、言っちゃ悪いけど、「また回想」みたいな部分もあったりした。……のだけど……
終盤での「間違い探し」についての回答が出てくるあたりで、読んでいるさなかの思いが一気に化けた。それぞれの過去があり、そこでそれぞれがシエスタから受け取ったもの。その中に抱いているもの。そういうものが一気にはじけてきて、しかも、3巻に入って登場した生前のシエスタそっくりの少女がいる意味。そのシエスタ自身が、自分そっくりの少女に託したものの意味が明らかに。
さらに、そんな中で唯一取り残されているもの。そして、そんな真相を知ったからこそ、君彦が放つ最後の一言。
ある意味、エピローグのようで、でも、これから、という意味ではプロローグといえる。そんな感じがする。

No.5542

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。


スポンサーサイト



COMMENT 0