FC2ブログ

吸血鬼に天国はない3

著者:周藤蓮



個人でやっていた運び屋を、会社として運営し始めて1か月。恋人のルーミー、社員であるバーズアイ姉妹との仕事を回す日々。経営は決して楽ではないが、シーモアは楽しい日々を送っていた。そんなある日、シーモアは捜査官から、ルーミーはかつて所属していたマーダー・インクから、脱獄した『ボーデン家の死神』の捕獲・討伐の依頼を受ける。そんな中、街では『死神』による殺人が次々と発生して……
1巻、2巻とシーモアとルーミーの関係を描いてきたわけだけど、この巻をもって、一つの結論が出たような感じがする。
粗筋で書いたように、それぞれ、『死神』を追うように依頼されたシーモアとルーミー。前巻のエピソードにおいて、人と化け物。その根源的な違いなどを理解し、その上で「恋人」となることを選んだ二人。そんな中で出てきた「死神」騒動。
そもそも、死神が脱獄をしたのは、ルーミーによるもの。同じ「化け物」同士、相手を倒したりする意図はなく、ルーミーは死神と形ばかりのやり取りをするだけ。一方、シーモアは、一度は死神をとらえた捜査官の脚として日々、動き回る。捜査官の目的は、死神の捕獲と共に、死神に誘拐された捜査官の娘を救助するために……。だが、殺人を犯していたのは……
「化け物」であるルーミーとの関係を明確にしたシーモア。だからこそ、死神と、彼女に誘拐されたエマとの関係ともつながっていく。
吸血鬼として、人を殺めることもあるルーミー。そんな存在を肯定するシーモアだからこそ、エマと死神の関係性にも理解できる。一方で、世間一般の常識にとらわれている捜査官自身に対しては……。その点ではある意味、シーモアがブレない考えを持っている、ともいえる。しかし、一方で、守るべき相手を持ったシーモアの行動の変化とか、そういう部分で変化も感じる。ハードボイルドというわけではないが、しかし……という関係性というのを強く感じる。
その一方で、「化け物」という存在そのものの在り方っていうのも、今回のエピソードでは登場。この設定自体は、他の作品でも見られるものだけど、ルーミーが「化け物」である、ということを考えると、この辺りも、今後、色々と意味を成してきそうな気がする。

No.5546

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

スポンサーサイト



COMMENT 0