FC2ブログ

神酒クリニックで乾杯を

著者:知念実希人



飲酒をした状態で手術を行い、医療事故を起こしてしまった……として、職を失った外科医・九十九勝巳。知人の紹介により、勤めることとなったのは「神酒クリニック」。院長の神酒をはじめ、腕は立つがクセモノばかりが揃ったそこは、世間に知られることなくVIPの治療を行う病院だった。だが、この病院は、普通の治療だけでなく、もうひとつの「仕事」もあって……
という感じで粗筋を書いてみたのだけど、これだと、作品で何が描かれているのかサッパリ示していないことに気付いたので、もうちょっと続きを。
神酒クリニックのもう一つの「仕事」。それは、治療をしているVIPの依頼を受け、その望みを叶えること。今回、依頼を受けることになったのは、大手ゼネコン会長から。末期癌で余命いくばくもない彼には、隠し子がいた。そして、その隠し子は、世間を騒がせているバラバラ殺人の被害者である。会長がいきているうちに、自分の息子を殺した犯人を見つけ、罰してほしい、というもの。その殺された息子は裏カジノに出入りし、借金を重ねていた。そして、借金を返すために、「大きな仕事」をする、と言っていたのだが……
医療事故とか、そういうものを題材にはしているが、上に書いた殺人の捜査を行う、とか、完全にエンタメ方面に舵を切った作品と言える。
この作品の長所は、何と言ってもテンポの良さと、その中で、それぞれのキャラクターがしっかりと立っている、ということだろう。経歴不明だが、医療の腕も、さらに格闘技の腕も一流の神酒。お色気担当の女医・ゆかり。魔法のように人の心を読むことが出来る精神科医・天久翼。麻酔医でいつもはやぼったいが、実は超イケメンな黒宮。唯一の常識人……のように見えて、ハンドルを握ると……な看護師・真美。それぞれが、まさに特殊能力のようなものを持ち、それを活かしながら(ただし、オチのような部分もある)、色々と情報を集めて……という流れは素直に面白い。まぁ、捜査一課の刑事が情報を流して……とか、そういうのも含めてリアリティっていうのはないけど、素直なエンタメ作品なのだから、そんなの気にしなくていいだろう。
そんなこんなで、事件の捜査が進む中で、九十九自身が関わった事故にも繋がっていって……というのはまとめ方としては奇麗なのだろうけど、ちょっと出来すぎな気はする。黒幕となる人物があからさま、っていうのも含めて。
とは言え、テンポが良く、キャラクターもしっかりと立った、一級のエンタメ作品には仕上がっていると言えるだろう。

No.5547

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。


スポンサーサイト



COMMENT 0