FC2ブログ

銀色の国

著者:逸木裕



自殺防止のNPOで活動をする晃佑の元に届いた一報。それは、友人が自殺した、というもの。元相談者である友人の死は、その前後、VRゲームに熱中していたという。だが、そのVR機器にあったはずのデータは消失していた。そんな中で、彼は、そこに恐ろしい計画があるのではないか、という危惧を強めていく。一方、自傷行為の画像と「自殺したい」というつぶやきをSNSに発信していたくるみは、ネット上の自助グループに誘われる……
なかなか怖い話。
物語は粗筋で書いたように、晃佑、くるみの視点を中心に描かれていく。
晃佑は、NPO団体の代表として、自殺志願者の言葉に耳を傾け、自殺をしないように導く立場の人間。そんな彼だからこそ、友人がVRによって、自殺へと誘導されたのではないか? という疑念に囚われていく。そして、もう一人の主人公であるくるみは、まさに、そこへと誘いこまれてしまう。
その中で怖いのは、その中での手口。自傷行為を繰り替えている相手に対して、「死ね」と言っているわけではない。むしろ、やっている行為というのは、ある意味、社会復帰へのステップと似たようなもの。VR世界で与えられるミッション。例えば、「何でも良いから、高い建物の写真を撮り、UPしましょう!」とか、そういうもの。本当に、何てことのないミッション。しかし、やることによって達成感を得て、次へという意欲が湧いてくる。そして、気づかない内に、「自殺」という行為を実行するための障壁をどんどん下げていく。
例えば、飛び降り自殺をする、としても、高いところに立てば本能的に「怖い」という想いが出る。それが障壁となることもある。しかし、ミッションをこなす中で、その恐怖感などが薄れていったら……? その辺りに導いていく過程が物凄く怖かった。
一方の晃佑。VRを使って……ということが行われている、という確信はある。しかし、誰が、どうやって、そのVRを作ったのか? その中で次々と発覚していく行方不明者。一体、黒幕は何を狙っているのか? その一方で、NPO代表としての業務をする中で感じる虚しさ。自分が相談をした相手が自殺をしてしまった。自分は何のために頑張っているのか? そもそもが、過去、銀行員として働いている中、融資をした相手が自殺した、ということで一度は壊れた心を持つだけに、再び、その虚しさと対峙することにもつながっていく。そして、晃佑を手助けする友人・宙もまた、ゲームクリエイターとして名を馳せたところで、ワナに嵌められた過去がある。その中で……。それぞれが、トラウマを持っており、事件を追えば追うほど、そのトラウマと対峙せざるを得ない、というところへ進んでいく部分もスリリングさを強調している。その流れに、どんどん惹きつけられた。
ただ、終盤、その黒幕とかが明らかになっていくわけだけど……イマイチ、その目的とかがよくわからずにモヤモヤとした部分も覚えた。まぁ、ある意味、そんな部分も含めての破壊衝動が「自殺」ってことなのかもしれないけれども。

No.5551

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

スポンサーサイト



COMMENT 0