FC2ブログ

紅蓮館の殺人

著者:阿津川辰海



高校の勉強合宿を抜け出し、近くの山中に隠棲した作家の館に向かうことにした僕と葛城。しかし、途中、落雷によって発生した山火事に巻き込まれ、命からがら館に逃げ込むことに。寝たきりの作家。その息子と孫。近所の人、僕らと同じ訪問者。何かを隠した面々が集まった館で救助を待つことになるのだが、翌朝、館の仕掛けである釣り天井によって作家の孫が圧死している姿で発見され……
こっちへと転がるのか! というのが読んでいて感じたこと。
様々な仕掛けが施された館。クローズドサークル。そして、その仕掛けなどを用いて起こる殺人。それぞれ秘密を抱えている面々。いかにも、な「館モノ」でしょ? 実際、最初の殺人まではそんな印象。館の中に様々な仕掛けがあり、その一つである釣り天上によって圧死させられる、なんて「まさに!」ってな感じ。ところか、そこから違った方向に変わっていく。
館で寝たきり状態の作家の、最後の原稿を巡って蠢く、そこにいる人々の思惑。訪問者の中にいた、葛城が憧れた元探偵の女性・飛鳥井。そんな飛鳥井が探偵を辞めた理由。そして、主人公にとっての探偵である葛城が抱えねばならないこと。この部分が、物語の焦点になっていく。
本格ミステリと言われる作品の探偵。これって、それこそ、日本で言えば金田一耕助とか、あの辺からの伝統と言える空気を読まない。好奇心の赴くままに調べる。そして、真相を暴く。葛城に関しても、すべてが、というわけではないが、他者の嘘を見抜く洞察力に優れ、その状態を抱えたままなのが我慢できない。何よりも、真実がわからねば……という気概。それは、かつての飛鳥井もまた同様。しかし、飛鳥井はそのことによって……
真実を暴くことで一歩、進むことが出来る。しかし、真実を暴くことによってかえって問題がこじれたり、場合によっては危機に陥ってしまうこともある。そもそも、探偵が真実を暴くことに正義があるのか? 後半、葛城にぶつけられる飛鳥井の問いは、そんな問題をあからさまにしている。
本格ミステリ、館モノのガジェットはそろっているのだけど、その部分はちょっと弱かった気もする。人によっては、肩透かし、と感じる部分もあるかも。ただ、自分自身はガチガチの本格ファンっていうわけでもないし、こういう形の話もまた面白いと思えた。

No.5619

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

スポンサーサイト



COMMENT 0