FC2ブログ

法廷遊戯

著者:五十嵐律人



法曹の道へ進むべく、ロースクールに通う久我清義と織本美鈴。そんなある日、清義の過去を告発する差出人不明の告発状が届く。そして、そこから奇妙な事件が頻発する。研究者の道を歩む結城馨の協力も得て、その事態の打破を図るのだが……
第62回メフィスト賞受賞作。
物語は2部構成。第1部は清義らがロースクールの学生である時代。ロースクールとは言うが、レベルは低く、司法試験の合格者はずっと出ていない状況。そんな中で、清義、美鈴は久々に合格できそうと期待されている。そういう状況の中、スクールでは模擬法廷を使って裁判のようなゲーム・無辜ゲームが行われていた。だが、そのゲームの裁判官役である馨はある時、そのゲームを封印することにし……
物語のテーマとしては「冤罪」。
ロースクールで行われていた無辜ゲームは、裁判のような形をとっているが、犯罪を証明、だけでなく、無罪を証明する、ということも必要となる。そして、施設で共に育った清義、美鈴にも封印された過去があった。それもまた……。そして、その美鈴が、馨を殺害した、として逮捕され、第2部へと入っていく。
かつて罪を犯した清義と美鈴。それは一人の男を冤罪へと陥れた。そして、そのまま死を与えてしまった。そして、その相手の関係者が馨。自分の過去を知られた美鈴が口封じのために馨を。それが警察のストーリー。しかし、美鈴は、清義に対して頑なに口を閉ざしながらも無罪を訴える。美鈴が嘘をついているのか? それとも……。美鈴の無罪を訴えながらも、どうしても湧き上がる疑念。その中で……
冤罪を作り出す状況。それは犯行だけ、ではなく、目撃者の訴えだったり、取り調べをする警察だったり、はたまた周囲の目だったり。そういうものが総合された結果。馨のいう「復讐」は何を狙っているのか? このあたりの狙いは面白かった。
もっとも、読者視点ではイマイチ、美鈴のキャラクターがつかめないため、そこまで律義に口を閉ざす必要があったのか? とか思うし、事件解決に大きな影響を与えるホームレスの窃盗犯の設定にもちょっと無理があるように感じた。冤罪というテーマなどは読ませるものがあったのだけど、ちょっと引っ掛かる部分もあったかな?

No.5628

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

スポンサーサイト



COMMENT 0