FC2ブログ

十字架のカルテ

著者:知念実希人



正確な鑑定のためにはあらゆる手を尽くす。日本でもトップクラスの精神鑑定・影山の助手に志願した新人医師・弓削凛。精神疾患が疑われる犯罪者と対峙する中で、彼女が見るものは……
という精神鑑定を題材とした連作短編集。全5編を収録。
刑法39条「1.心神喪失者の行為は、罰しない。」「2.心神耗弱者の行為は、その刑を減軽する」。ミステリ作品……だけでなく、実際の犯罪の際などにもその是非などが色々と語られるもの。ただ、その是非についてを問題視した作品というのは色々とあるけれども、本作の場合は、そこではない。そうではなく、その精神鑑定そのものを題材にした話。勿論、フィクションであるので誇張とか、そういうものはあるのだろうけど、その一端を垣間見ることが出来たような気がする作品だった。
例えば、1編目。新宿の街中で、大学生が刃物を振り回し、死傷者が多数出た。しかし、しばらく前から統合失調症の症状が出ていたという。そして、服薬により、症状は収まったが、それで安心したため、服薬を辞めていたという。典型的な統合失調症の症状を示す容疑者に対して……。精神疾患は勿論、相手との対話などから調べていくもの。しかし、それでは詐病などもある。その中で、どういう部分に注目するのか? そういうところをしっかりと描いた導入篇としてもしっかりとしたエピソード。
3編目『傷の証言』。統合失調症と思われる引きこもりの青年が姉を傷つけた。精神疾患は怠けだ、という父親の言葉もあり、精神科などに行くこともなく悪化した青年。症状は、まさしく統合失調症そのものである。しかし、被害者である姉の証言は何かおかしい。その真相は……。ひっくり返しそのものもさることながら、その中で描かれる人々の精神疾患に対する意識。そして、家族を始めとして周囲の願いなどを無碍にしてでも真実を探さねばならない鑑定という立場。そういう部分が印象に残る。ただ、このケースでは、光の見える結末なのが救いではあるが。
そして、凛が精神鑑定の道を志した理由が明らかになる5編目『闇の貌』。正直、凛がこの事件に……という部分はかなりご都合主義だと思う。
ただ、精神鑑定をする側が、その相手に特別な思い入れがある、ということから生じる問題などを明らかにする。ただ、一方で、容疑者が抱えている疾患も一筋縄ではいかない。解離性同一性障害……いわゆる多重人格があると思われるが、犯人と思しき人格は現れない。そんな中、鑑定医失格とされた凛が取った方法は……。そこまでの4編と比べると、5編目はかなりエンタメ面を重視したような印象。ただ、ここまでの物語がひっくり返しはありつつも、専門的な話が多かった中で、一つのカタルシスとしても機能しているのかな? という風に感じた。

No.5632

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

スポンサーサイト



COMMENT 0