FC2ブログ

名探偵のはらわた

著者:白井智之



警察にも頼られる探偵・浦野の助手を務める原田亘。幼いころ、浦野に助けられた過去を持つ彼は、岡山の神呪寺で起こった放火殺人事件の捜査をするため、その地へと向かう。6人が死亡し、生き残った1人も重体という事件。死傷者は拘束された様子はない。なぜ、こうなってしまったのか? かつて、30人以上の死傷者を出した地で何が起きたのか?(『神呪寺事件』)
から連作短編形式で綴られる物語。
いきなりネタバレな話になって申し訳ないのだけど、1編目と2編目以降がガラッと変わってしまう。
かつて、30人以上の死傷者を出した津ヶ山事件。そんな事件の村で再び起こった事件。かつての事件は今なお、村の人々に大きな傷跡を残し、その関係者に対する攻撃とか、そういう反応も発生した。そんな村で起きた窃盗と放火事件。そのエスカレートなのか、それとも? このエピソードに関しては、どストレートなミステリという感じで、こういう過去の事件のテイストで綴られていくのかな? と思いきや、最後の最後に思わぬ方向へ転がって……
1編目の現実的な路線から話の方向性が打って変わって、オカルトを前提にした物語に。
次々と起こる、過去の凶悪事件を模した犯罪。その犯罪には、ある法則が存在しており、そこから誰が犯人なのか? その犯行は何なのか? というところへと焦点が移っていく。まぁ、オカルト前提とは言え、その世界観のロジックがしっかりと存在しており、その世界観のルールの中で仮説の構築と半鐘をしていく中で論理的に結論へと至っていく様はしっかりと本格ミステリとして成立していくのは流石。
さらに言うと、主人公である亘。彼と共に行動する探偵の姿。そして、事件。過去の事件とか、そういうものを参照しながら、それを追っていくのだけど、当然ながら記録とか、そういうものがすべてを言い表しているわけではない。誇張されていたり、反対に省略されていたり、なんていうことは日常茶飯事。過去の事件と関係がある、という中で、記録と現実の乖離とか、そういうところも一つのテーマになっているのかな? なんてことも思ったり。

No.5636

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

スポンサーサイト



COMMENT 0