FC2ブログ

異常心理犯罪捜査官・氷膳莉花 怪物のささやき

著者:久住四季



都内で発生する連続殺人事件。被害者の女性は腹部を切り裂かれ、臓器が丸ごと欠損、という事件に世間は沸き立つ。難航する捜査の中、所轄の新米刑事・氷膳莉花は、管理官の皆川から密命を受ける。それは、犯罪心理学の鬼才ながら、自らも犯罪に関わり死刑判決を受けた男・阿良谷静から助言を求めよ、というものだった……
一応、連続猟奇殺人を巡って一本に繋がっている話ではあるのだけど、3本の連作短編のような印象が強いかな。
物語は冒頭に書いたように、難航する連続殺人。その殺人の解決のため、莉花が阿良谷の元を訪れる、というところから始まる。古今東西、あらゆる犯罪に関する知識を持ち、入院している病院の一室を自らの研究室のようにし、今なお、研究に没頭する阿良谷。心理学にも通じており、長時間、話などをするとマインドコントロールされてしまう、という男の協力を得て、事件の解決を試みる。そして、警察のプロファイリングとはまた違う形で、事件に迫るさまを描いている、と言える。
色々と思うところはあるのだけど、作中で言われる犯罪者の心理とか、その辺りの話は素直に面白かった。これだけ異常なことをしながらも、証拠となるものは一切、残さない。そして、手口そのものは、文字通りに手慣れたもの。その様子から垣間見えるもの。一方で、莉花の行為というのは、警察組織という場所からはかけ離れたもの。そんな状況での、ベテラン刑事との対立。彼に言われる莉花の刑事としての問題点……。警察小説、として、キャラクター面を前面に押し出した形なのは確かなのだけど、その中で語られる部分などが非常に面白かった。
ただ、分量の問題とかもあるんだけど、莉花と阿良谷の間の信頼感が築かれる過程とかが欲しかったかな? というのは思った。面会前に、散々脅され、さらに、自らも犯罪計画などを作り、大事件に加担していた人物。その点を考えると、そんなにあっさりと信頼できるものか? という思いがどうしてもする。また、前半の2章、莉花が同じような行動で結果、危機に陥っている、というのがちょっと……という感じになってしまった。コアの部分が面白かっただけに、ちょっと惜しいな、という印象。

No.5645

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

スポンサーサイト



COMMENT 0