FC2ブログ

ホームズの娘

著者:横関大



探偵一家に生まれ、警視庁の刑事となった北条美雲。新米刑事ながらも、次々と難事件を解決していく彼女の心にあるのは、以前の事件捜査で知り合った一人の男性・ケビン田中。しかし、彼は、泥棒一家である三雲家の長男・渉であって……
シリーズ第3作。
と言っても、過去の『ルパンの娘』、『ルパンの帰還』の主人公は、泥棒一家である三雲家の長女・華と、警察一家である桜庭家の長男・和馬だったわけだけど、今回は探偵一家である北条家の一人娘・美雲が主人公。和馬や華も当然、物語に関わってくるわけだけど、雰囲気としてはスピンオフ的な部分も強いかな? というのを感じた。
物語の中心にあるのは、美雲と渉の話。とにかく、美雲が猪突猛進過ぎてすげぇな、という感じ。
物語は、勿論、刑事である美雲、和馬もその事件に関わってはいる。レストランオーナーの妻の殺害事件とかの解決とかもある。あるのだけど、トリック自体が結構、アッサリとしている感じだし、また、その背景に「モリアーティ」という計画を提供する存在がいる、というのは出てくるのだけど、前作を読んでいれば、「きっと……」っていうのがあるからね。それよりも、という感じになる。
で、その美雲の猪突猛進っぷりときたら……
和馬らをして「恋は盲目」じゃないけれども、ケビン(渉)の仕事とかについて怪しいところがありつつも、関係なし。側近である猿彦が注意をしても気にしないし、当たり前のように親に紹介したりもする。そして、渉の家族である三雲家の人間に反対をされても却って燃え上がる。その部分が印象的。まぁ、渉の方も、ハッカーではあるのだけど、美雲に対しては誠意があるし、彼も彼で美雲のことを心から愛している、っていう状態なので、微笑ましいのは間違いないのだけど。そして、その決着の仕方は……解決になっているのか? まぁ、本人たちが納得しているなら良いのかもしれないけど。
物語は終盤、計画提供者であるモリアーティとの対決へ。その中で、例の人物の過去なども描かれ、さらに渉のハッキングの腕なども描かれる。その辺りで、活躍の場を与えているのは良いのだけど、何か最後が中途半端な感じなのが気になるところ。前作『帰還』でも同様に感じたことなのだけど、続きが前提なのかな?
既に4作目『ルパンの星』も刊行されており、手元にもあるので、そちらも早いうちに読むつもり。

No.5658

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

スポンサーサイト



COMMENT 0