FC2ブログ

テロリストの家

著者:中山七里



イスラム国によるテロが激化する中、それに関連していると思しき人物を内偵中の公安刑事・幣原は突如、その任を解かれてしまう。何が? という戸惑う中、間もなく彼を待っていたのは、大学院生の息子がテロリストに志願した、として逮捕されてしまう。幣原は、家族からは息子を売った、と、そして警察組織からは犯罪者を生んだ、として孤立していき……
12か月連続刊行企画の1作。
やっぱり、この企画、無理があるよな……と、何度目かの感想。
物語は粗筋で書いたように、公安刑事である幣原の息子が、イスラム国のテロリストに志願した、として逮捕されて……という形で始まる。家族、そして、警察の双方から幣原は冷たい視線を浴びせかけられ、ニュースなどはこの事件を大々的に報道する。その中で幣原は、自分が家族について何も知らないことを思い知らされる。
という風に書いたわけだけど、まず思ったのが、序盤の展開がちょっと前に読んだ同著者の『夜がどれほど暗くても』とほぼ同じ。警察官か、週刊誌記者か、という違いはあれど、追及する側が追及される側に回り、メディアから激しい糾弾を浴びる。そして、自分は家族のことを何も知らない、という事実を突きつけられる、という部分はまるっきり一緒。コピペかと思ったくらいに。
勿論、そこからは違った展開にはなるんだけど……。そもそも、職業上、仕方がないとはいえ、幣原自身が息子のことを信じておらず、しかも、就職に失敗して大学院へ行ったことも詰る。さらに、どちらかと言えば保身のために、息子に対して本当のことを言えと迫る。この辺りで、幣原に感情移入氏がしづらい。しかも、その息子が事実上、軟禁状態の家から脱出して何者かに殺害されてしまう、という失態まで犯すから余計に……
別にイスラム国を擁護とかするつもりはないけど、実在する組織とかを出している割に、その辺りの掘り下げなどがない。こういう部分、しっかりと取材して、掘り下げれば、それだけでも面白いと思うんだけどなぁ。しかも、なぜか終盤、妻がとんでもない暴走を始めてしまう。息子を殺害した犯人の特定も、かなり強引な気がするし、最後の最後に判明する真相も……。これ、警察の捜査が粗雑なだけやん!
いつも通りのテンポの良さはあるのだけど、色々な要素の掘り下げとか、そういうののがなく、手癖で書いただけのように思える。

No.5665

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

スポンサーサイト



COMMENT 0