FC2ブログ

ZERO 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子

著者:内藤了



長野、そして、都内でそれぞれ幼児の部分遺体が発見される、という事件が発生。両者の関連性を調べる比奈子らは、その中で、複数の幼児の遺体がバラバラにされ、動物の遺体と共に遺棄されていたことを突き止める。一方、そのころ、比奈子が逮捕され、収監中の連続殺人犯・佐藤都夜の元に、ある手紙が届いていて……
シリーズ第5作。
えっ! そこで終わるの!? というのが、まず思ったこと。もう、ネタバレかも知れないけれども、前後編(?)ということになる。本作のタイトルが『ZERO』で、次作が『ONE』なのも、その辺りなのだろう。
物語は、長野、都内で立て続けに起こった幼児のバラバラ殺人を中心に動き出す。浅草寺という、極めて多くの人々が訪れる地に、飾り付けるように置かれた遺体。それは、まるで何かを飾り付けるかのような形で。何か特殊な思想を持った人間なのか? それとも? 一方で、都内では小動物を虐待する事件まで発生。そんな様々な事件に繋がりはあるのか?
そもそも、遺体となった幼児は一体誰なのか? そんなことすらわからない。もしかしたら、世間から排除されているような子供? そんなところから、事件を調べる比奈子たちは足掛かりにしようとするのだが、なかなか、その正体すらつかめない。収監されている中島、さらに、鑑識の三木らの協力も経て、ようやくその繋がりを見出し始めるが……。
これまでの巻と比べて短い分量ながら、遅々として進まない捜査。その中で、もがきながらも一つ、また一つとわずかな痕跡を見つけ出し、ようやく見え始めた結びつき。その中で、比奈子が出会った人物……。そこまでの捜査、プロファイングなどから読者としては「こいつが!」と思ったところでこの巻は終了。勿論、比奈子が危機に陥って、という場所で。すっげーモヤモヤするんですけど。
その上で、前巻の最後、そして、今巻の途中でも過去の事件の犯人である佐藤都夜が、比奈子への復讐を胸に秘めて動いている様が描かれている。そして、彼女が脱走した……という情報まで。当然、ここも繋がっていくことは予想できるわけだけど、それがどういう風に繋がっていくのか、というのに注目して次作を読もうと思う。

No.5684

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

スポンサーサイト



COMMENT 0