FC2ブログ

蝉かえる

著者:櫻田智也



昆虫好きの青年・エリ沢泉。そんな彼が遭遇する事件を描く連作短編集。全5編を収録。
『サーチライトと誘蛾灯』に続く、シリーズ第2作。
前作の感想で、バラエティに富んだ作品が収録されている、という風に書いたのだけど、今回もそんな印象。
1編目の表題作。東北を訪れた青年・糸瓜京助。彼は、昆虫食について研究をしているという大学講師の鶴宮、彼女に同行しているエリ沢と出会う。そんな中、彼は16年前、災害ボランティアでこの地を訪れたときに出会った不可思議な事件について語り始める……。災害によって、生死不明となった少女。彼女は、事件の前に、禁忌とされている池で泳いだとされている。そんな少女が埋まっている、と思われるその池の捜索を訴える糸瓜だったが、その翌日、そんな少女と思われる姿を見かける。しかし、その時、既に少女は……。
このエピソードは、直接、虫が、という話ではない。けれども、信仰と、女性の「穢れ」と言ったものの関係。その中での息苦しさ。そんな民俗学的な考察と、そこにこの地で続いてきた蝉と、その蝉を食べるという行為の関連性がうまく結びついて、一つの、ちょっと物悲しい読後感が残った。
2編目『コマチグモ』。交差点での交通事故と、団地で起きた負傷事件。その被害者は、実の母子だった。一体、何が起きたのか? 刑事の唐津は、事故の前に少女と会話をしていた、というエリ沢に事情を聴くが……。ある意味で、「勝手に子供を産む」存在である虫たち。その中で、特異な存在と言えるコマチグモ。親は、子供のために犠牲になることは当然なのか? その一方で……。唐津の考えていた事件の構図がひっくり返る快感。そして、親子との関係とは? そんなことを思わずにはいられなかった。
一方で、5編目『サブサハラの蠅』。空港で、蠅の幼虫をもって入国しようとした男・江口。そんな彼は、エリ沢の友人で……。恋人を喪ったばかりだという男・江口。そんな彼の目的は……
虫。自然界に沢山おり、食料とかそういうものにも、と言われている存在。しかし、その一方で、それを媒介として広まってしまう病もある。勿論、そんな病を克服しよう、という動きもあるわけだが、力が入れられているもの、そうではないものが存在している、という実情がある。すべてを同時に、とはいうものの、線引きは政治やら何やらによって……。そんな顧みられない病を克服するため、江口が取ったのは……。ある意味では、効果的。しかし、あまりにも壮絶な手段。
虫を題材に、民俗学的な話であったり、その生態の解釈であったり、はたまた自然保護であったり……と題材を出しながら、最後に虫のもたらす災厄とでも言うべきものを持ってくる。そういう構成のセンスも印象に残った。

No.5686

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。


スポンサーサイト



COMMENT 0