FC2ブログ

こわれたせかいのむこうがわ2 少女たちのサバイバル起業術

著者:陸道烈火



ラジオに導かれ、独裁国・チオウから脱出を果たしたフウとカザクラ。二人は、何らかの事情でサイボーグ施術を受け、記憶を喪ったカザクラの家族を探すために調査を開始した。しかし、そんな矢先、謎の女・リリの陰謀により奴隷監獄・ゴトクテンへとフウは誘拐されてしまう……
なんか、1巻とは大きく趣を変えてきたな、という印象。
1巻は、どん底の生活の中、ラジオから聞こえてくる声。そして、そこで身に着けた知識を武器に、自分の住んでいる世界の狭さ。本当の世界の広さ、というのを知り、そして、自分の住む独裁国を脱出する、という物語。それに対して、今回は、奴隷監獄へと連れ去られたフウが、そこから脱出。それでも追いかけるリリから逃れるための策を練る……というように物語が進んでいく。
前作は、タイトルにあったように「生存術」の名の通り、どん底から……という部分がメインだと感じたのだけど、今回はバトルあり、策謀あり、という感じで何でもあり、という感じで進んでいく。その中で、リリもさることながら、チオウから脱走したフウを狙う刺客・蘭であるとかまで現れてまさに混沌と言った印象になる。
その中で印象的なのは、今回の話の中の社会システムかな? 人々を階層別によって分断。その中でリリが、人々から搾取をするために、その階層の中での対立などを作り、しかも、労働をしつつ、金もうけを悪だという宗教。これって、勿論、作品の中の設定ではあるのだけど、社会の分断化とかが言われている現実とか、そういうものを意識しているのかな? そして、それを解消するために、フウは、会社を作りリリに対抗して……。その中で、ある意味では「敢えて」悪役を貫くリリの存在感と言うのは光った。
ラジオ要素とかが薄くなって、個人的はちょっと残念と感じた部分があるし、また、もうちょっとページがあったほうが……と思うところはある。しかし、同じ世界観なのに、違ったカラーにしてくる辺りの著者のセンスっていうのは良いなぁ、というのも思ったり。

No.5694

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

スポンサーサイト



COMMENT 0