FC2ブログ

白日

著者:月村了衛



出版社課長の秋吉の元へ届いた一報。それは、大手予備校と組んでの通信制高校設立を主導してきた上司・梶原の息子が不可解な転落死を遂げた、というもの。不登校になった娘を励ましてくれた梶原の息子が? 自殺も噂される中、梶原が主導していたプロジェクトは、一時中止となり……
どこへ向かうのか、それが何よりも読んでいて興味をひかれた点かな?
突如として中断してしまったプロジェクト。梶原の息子が自殺するはずがない、という思いを抱く秋吉は、その死を調べ始めるが、その死を巡り、社内は社長派、専務派による派閥争いが勃発。プロジェクトの中止までもが囁かれ始める。そして、秋吉もまた、その派閥争いに巻き込まれ、その行動に対する制止、さらに監視までついてしまう。さらに、部下たちの中にも不満が溜まり、中には内通者と思われる存在も見受けられ……さらに、通信制高校設立に関して、梶原が文科省との担当者との間で不適切なやり取りをしていたのでは? という疑惑まで浮かび上がってきてしまう……。
まず、主人公である秋吉の状況が切ない。不登校の生徒らを集めた通信制高校。それは、娘がイジメの末に不登校となった経験を持つ秋吉自身にとっても一つの希望。そんな中で、信じられないのは、梶原の息子が自殺をした、という噂。不登校となった娘を励ましてくれた、礼儀正しく、そしてまっすぐな正義感を持った彼がまさか……。会社内でのアレコレの末、秋吉が知ったその死の真相……
これ、フリースクールとか、通信制学校というものが重要な意味を持つようになった現在でも、絶対にある偏見。あまりにもまっすぐだった梶原の息子。だからこそ、その言葉が……。自分自身、学校生活については色々とあった身。そして、その中で、もし、こういう学校があれば……という気もする。けれども、同時に、普通の学校とは違うんだ、みたいな偏見と言うのを持っている、というのを自覚させられた。そして、それを言い放ったのが……となれば……。会社内での、派閥争い、という部分が強調されればされるほど、その言葉の残酷さと、梶原の息子のまっすぐさ、というのが印象に残る。
ただ、終盤の展開はちょっと綺麗にまとめすぎたかな? というのも感じたりはする。確かに、色々な伏線とか、そこでのひっくり返しとかはあるけど、そこまで綺麗に収まらないだろう、と言う感じがするだけに。ただ、この作品で、後味の悪い結末になったとしたら、あまりにも報われないだけに、これはこれで良かったのかな? という気もする。

No.5716

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

スポンサーサイト



COMMENT 0