FC2ブログ

この本を盗む者は

著者:深緑野分



本の街・読長町。その中心にあるのは、書物の蒐集家で評論家でもあった御倉嘉市の蔵書を集めた御倉館。そんな嘉市を曾祖父に持つ深冬はしかし、本が好きではなかった。だが、御倉館の管理をする父が入院をし、本の虫で生活能力のない叔母・ひるねの世話をすることになってしまう。ところが、そんな御倉館から本が盗まれ、街は物語の世界へと変貌してしまい……
なんとも不思議な雰囲気。こういう言い方をすると何だけど、結構、児童文学的な雰囲気もあるかも。
冒頭のような形で物語は始まるのだけど、もうちょっと補足すると……。深冬の曾祖父は世間に名の知れた本の蒐集家。そして、そのあとを継いだ深冬の祖母は、それを守り通す、ということを何よりも大切に考えていた。だが、ある時、その本が大量に盗まれてしまい、そのことに激怒した祖母は、御倉館の公開を中止。さらに、本たちに「呪い」をかけてしまった、という。その呪いにより、街は盗まれた本の世界へと変貌。元に戻すには、その本を盗んだ犯人を捕まえねばならない。深冬は、呪いが発動したときにだけ現れる謎の少女・真白と共に本の世界を冒険する、と言う話。
連作短編形式で、各話、その盗まれた本の世界に町が変貌してしまうのだけど、その世界そのものが面白い。ちょっと後味の悪い童話のような話があれば、ハードボイルド小説のような話があり、はたまたスチームパンクのような世界だったり。そんな世界で右往左往しながら、犯人を捜す深冬の冒険。
ここで面白な、と思うのは、その世界観に対する深冬の感想。自分自身、1日1冊くらいのペースで本を読んでいて、それこそ、密室殺人の話を読んだ直後に今度はハードボイルド作品を読んで、今度はドタバタのラブコメで……なんてことは日常茶飯事。で、その際に当たり前のように、頭を切り替えて読んでいる。でも、ちょっと考えると、いきなり全く違う世界観の話になって、それに順応するって、結構、凄いことだよな、なんていうのを思う。なんでそんなお約束があるの!? みたいな深冬の感想って、言われてみれば……と言う気になってくる。
そして、そんな中でだんだんと、その呪いの力が強くなり、世界が滅茶苦茶になっていく中で知った、「呪い」などの真相……
これもまた、結構、考えさせられる。本の蒐集、それを管理すること。勿論、大事なことではある。しかし、本って一体、何のためにあるのか? そもそもが、深冬が本嫌いになった理由。それ自体が、祖母の行き過ぎた管理にあった。本と言うのは、読まれてこそ意味がある。しかし、極端にそれを管理し、それを維持することに血眼になり、読むことすら……となったならば……。
深冬と共に冒険をする真冬の正体。呪い、の正体。勿論、ファンタジーそのものではあるのだけど、何となく、本を守ること、というのは何なのか? そして、その中で翻弄された存在に対する切なさ、というのが感じられた。やっぱり、本は読んでこそ、だもんな……。そんなことを思う。
……で、ふと、私の部屋を見回すと……かなり無造作に本が積みあがっているんだけど、これ、どうしよ……というのも思ったり。

No.5723

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

スポンサーサイト



COMMENT 0