FC2ブログ

大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう 妖刀は怪盗を招く

著者;山本巧次



貧乏長屋に小判が投げ入れられる、という奇妙な事件が発生。十手持ちの女親分こと、現代からタイムスリップしている優佳は、かの鼠小僧かと色めき立つ。だが、鼠小僧の事件とは年が異なる。そんな思いを抱いている中、優佳は、旗本の御家人から内々の相談を受けることに。それは、屋敷に侵入した賊に二十両の金子と妖刀と言われる村正を盗まれた、というもので……
シリーズ第7作。
このシリーズ、元々は、江戸時代に起きた事件を、現代からタイムスリップした優佳が、そのタイムスリップを使って、現代技術で謎を解き、それをどう上手くこの時代の人々に納得させるか、というようなところが主題だったように思う。しかし、だんだんと優佳を巡って、鵜飼、宇田川の両者の立ち位置みたいなものが表に出てきたように思う。
で、その後者の観点で言うと、本作は、完全に宇田川の独壇場、というような印象。
記録に残されているよりも、早い段階で現れた鼠小僧と思しき盗賊。その際に浮かび上がる優佳が江戸時代にいるせいでは? という疑惑。そんなこともあって、宇田川もた、江戸の世に。そんな中で発生した銘刀の盗難事件。再び発覚する貧乏長屋への金子配布。そして、その事件の関係者と思しき男の殺害事件。盗難事件などについて、科学鑑定ではっきりとした確証を得つつ、江戸時代の人でも納得できるような言葉で証拠を語る宇田川。さらに、現代の技術を駆使するために優佳と宇田川だけで証拠物集め、というようなシーンが多く、鵜飼の側の出番があまりなかった印象。その点で宇田川の独壇場と感じた。
ただ、物語のメインとなる村正の盗難事件。これって、一つのテーマとして、「人の印象」みたいなものがあるのかな? というのは思った。
優佳が聞き込みに行った際に気になった父娘。その娘に想いを寄せている男。さらに、盗難に関して疑惑を覚えた相手とその手下と思しき男。人間、行動とか、立場とか、そういうもので何となく察する、ということはある。それこそ、「刑事の勘」なんていうのは、その最たるものじゃないかと思う。でも、そういったものがある意味では逆に作用して……。事実認定は、科学捜査によるものなのだけど、そんな印象を巡ってのアレコレというのが面白さに繋がっていると感じる。
そして、その上での「鼠小僧」に関するアレコレ。ある意味では、優佳の存在が、ではある。でも、タイムパラドックスではない。このあたりのオチの上手さも光る。

No.5725

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

スポンサーサイト



COMMENT 0