FC2ブログ

殺人依存症

著者:櫛木理宇



6年前、息子を殺されて以来、家庭を捨て、その現実を忘れるべく仕事に没頭する刑事・浦杉。そんな彼が担当することとなったのは、女子高生が激しい暴行の末に殺害された事件。被害にあった生徒は、その日、登校しておらず、その日に何があったのかを調べ始めるのだが……
ちょっと色々と詰め込み過ぎ、かな?
粗筋で、女子高生が殺害される事件が発生……とは書いたのだけど、実のところ、読者はプロローグでその事件がどのようにして起こったのか、ということは知らされている。被害者の通学中に現れるのは、その学校の生徒を狙った痴漢。今日もまた、その生徒は狙われたのだが、一人の女性がそんな痴漢に注意をした。電車内でものを食べて非常識だ、と思っていたが、しかし……そう思った矢先……
そんなプロローグから始まるため、序盤、女子高生の家族、友人と言った存在に話を聞き、彼女に恨みを持つ者がいないのか? という話については「それは違うぞ」と言う感じになって物語が開始する。だが、そんな捜査の中から痴漢の存在が明らかになり、さらに、加害者たちを操っているような女の存在が見え隠れしてきて……
物語のテーマの一つが、闇サイトとでも言うべきもの。犯人を捕まえてみれば、それぞれ、浦杉にはただの小悪党……いや、小悪党とすら言えないような矮小な存在にしか思えない男たち。しかし、サイトの中で盛り上がり、「どうせなら」という言葉に煽られるように凶行に及んだ犯人たち。例えば学校とか、部活内でのイジメとか、そういうのでも指摘されているのだけど、その歯止めが利かなくなっていくプロセスっていうのが上手く描かれていると思う。
そして、そんな男たちをけしかけた一人の女。その女の人生に迫ると……
幼いころから家族に性的虐待を受け、絶望のどん底をさまよった女。やがて、その中で悟っていくのは、「自分もまた、おかしくなれば良い」ということ。元来、頭がよかったその女。その知能と、ある種の開き直り。そういうものが組み合わさっていく中で、やがて化け物になっていった……
『少女葬』とか、絶望的な状況の中で、女性がどう生きていくのか、というような作品を過去にも描いている著者だけど、渦中の女の人生というのも、そんな著者らしさを詰め込んでいると思う。
ただ、6年前に息子を失い、妻子を捨てた浦杉の過去。そんな彼が、隣人である母子家庭の娘を預かる。そんな父に疑惑を感じる実の娘。そして、その女と浦杉の過去の因縁。そういうものを含めて、しかも、一つに結びついていた……というまとめ方をするにはちょっと強引な気がする。しかも、その女との決着も、そんな終わり方? と言う感じだし。
矮小な犯罪者たちが、凶悪な事件に……という部分。それを煽った女の人生。この辺りは良かっただけに、あまり詰め込み過ぎなくても良かったんじゃなかろうか、という風に思えてならなかった。

No.5726

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

スポンサーサイト



COMMENT 0