FC2ブログ

母親がエロラノベ大賞受賞して人生詰んだ せめて息子のラブコメにまざらないでください

著者:夏色青空



ラノベ作家としてデビューし、片想いの相手・滝上凛夏に告白する! そう思っていた霜村春馬の元に届いたのは、母・美礼が書いたエロラノベが大手レーベルの大賞を受賞した、という知らせ。しかも、母は、受賞者は息子である春馬だ、ということにしてしまったのだという。母の代理で、エロラノベ作家・種付けプレスとしてデビューすることになった春馬。しかし、同期で受賞したJK作家は、片想いの相手である滝上凛夏で……
第33回ファンタジア大賞・銀賞受賞作。
色々とカオスな作品だな!
最初に言うと、物語全体としては、かなりとっ散らかっている、という印象。冒頭の粗筋を見ると、エロラノベ作家として、しかも、かなり恥ずかしいペンネームでデビューすることになった春馬と、片想いの相手である凛夏の話、と思うんじゃないかと思う。というか、私はそう思っていた。
ところが、実際に話が始まると、その新人賞の選考にも関わった先輩作家・千里えびでんす、との対決ということになり、その中で凛夏とのデート……と思ったら、なぜか母親がエロ方向のトラブルに遭遇していた……みたいな形になる。しかも、妹も実は……とか、そんな話が続き、最終的に凛夏が自ら言うように「空気ヒロイン」化する、という……。もはや、カオスそのもの、という状況になってしまう。
そういう意味で、物語の構成、っていう意味では、かなり無茶苦茶だと思わざるを得ない。
……のだけど、その辺りも含めて吹っ飛ばすだけのパワーがある、とも感じる。
冒頭に書いたような形で始まる話ではあるのだけど、ナチュラルに下ネタトークをする母親。さらに、そんな母親に振り回され、しかも、その場の勢いとノリで滅茶苦茶なことを言ってしまう春馬。ツッコミ役であるはずの春馬までもが暴走して、おかしな状態がどんどんおかしうなっていく様に何度も噴出した。まさに、カオス、という印象が強い。
っていうかさ……
この作品内の小説大賞って一体、何なの? というのが、個人的に一番謎なんだけど……
いや、実際のライトノベルのレーベルでも、確かにエロを売りにしたような作品があるのは確かだけど、作家名とか、そういうのまで含めて攻めすぎでしょ! 何よりも、それが気になって仕方がないわ。

No.5739

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

スポンサーサイト



COMMENT 0