FC2ブログ

告解

著者:薬丸岳



飲酒運転をしている中、何かにぶつけてしまったことを自覚した大学生・籬翔太。しかし、その事実に直面することを恐れ、彼は、その場を逃げ出してしまう。そして、翌日、一人の老婆を殺してしまったことを知る。自らの罪の重さ、家族、自らの将来……すべてから目をそらした翔太は、懲役4年余りの実刑を下される。それから4年、翔太の起こした事故で妻を失った法輪二三久は、ある思いを抱いて翔太の行方を追う……
罪と贖い。著者は、デビューからこういうテーマの作品を書き続けているわけだけど、本作も、そんな著者らしさが出た作品じゃないかと思う。
物語の概要は、冒頭の通り。
こう言うと何だけど、翔太は、良くも悪くも「普通の青年」という印象。恋人と喧嘩をし、その中で「今すぐに来てくれないと別れる」というメールが。飲酒運転になるのはわかっていたけど、大丈夫だろう、という見込みで開始した運転。そして、事故を起こしたものの、勘違いだろう、という思いで目をつむる。そして、自分が事故を起こし、人を死なせてしまった、ということを知ってもまだ、それに直面できない……
被害者の遺族は、そんな彼の態度に憤る。それは当然。第三者から見ても、そう感じる。けれども、自分自身が、こういうことを起こしたら……。勿論、飲酒運転は違法行為なのだけど、でも、例えば人を殺す、とかではない、ある意味、身近な犯罪だからこそ、自分の事として考えるきっかけとなる。
そして、それから4年後。両親は離婚し、自らも母方の旧姓に直さないか、ということを尋ねられる。しかし、翔太はそれを拒否し、自らの罪に向き合うことを決意する。……と書くと、更生している、という風にも思える。恋人に合わせる顔もない、と思いつつ、ちょっとでも顔が見れれば……と言う下心で、その近くで生活をすることに。また、就職活動が上手くいかない中、自分の選択は間違っているのではないか、という思いもよぎる。その部分を切り取ると、やはり、これは更生したのか? と言う感じもする。しかし、これもまた、その立場になったなら……。逆に、そんな翔太を悪の道へといざなう存在と出会いつつも……という辺りは、やっぱり、翔太は「普通の青年」なのだろう。だからこそ、共感もできるし、自分なら、と想像することが出来るのだと思う。
そして、そんな翔太のことを探る被害者の夫・二三久。探偵を雇い、翔太が住んでいる場所、職場などを突き留める。徐々に失われていく認知機能の中で、翔太の近くにいて彼が思っていることは……。正直なところ、認知症状態になっていって……と言うのは非現実的かな? と言う部分はある。けれども、80代後半、教師として品行方正な人物として暮らしていた彼の抱えていた後悔……。作中で感じたように、そして、二三久が見たように、翔太が「普通の青年」だったからこそ、その想いが届く、と言う風に信じたい。

No.5772

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

スポンサーサイト



COMMENT 0