FC2ブログ

お嫁さんにしたいコンテスト1位の後輩に弱みを握られた

著者:岩波零



孤高の秀才を演じる不破大翔。他者に弱みを見せないように生活する彼は、道端で猫に話しかける様子を後輩の朝日優衣奈に動画撮影された上に、実は声優ファンであることを見抜かれてしまう。大翔は、その動画を消してほしければ、優衣奈と大翔、共に推している声優のイベントに申し込んでほしい、と要求されて……
弱みを握られた。脅された。
……確かに、その通りなんだけど……
ただ、イチャイチャしているだけじゃねーか!
と思ったのは自分だけか?
ということで、冒頭に書いた粗筋の形で物語は始まるのだけど、大翔も、優衣奈も、実は隠れ声優オタク。しかも、神崎真桜という声優推し。で、アニメDVDの購入特典であるイベント先行販売に一緒に申し込んでほしい、と言うことになる。さらに、そのアニメについてのイベントなどにも、大翔が付き合わされることになって……というような感じで物語が進んでいく。
いや、大翔は、自分が声優オタクである、ということがバレたくない、ということはあるのだけど……やっていることは、共に同じ趣味であるアニメのイベントに行って、一緒に遊ぶ……というただのデートをしているだけ、だからね! 傍から見ると、ただのイチャイチャラブコメとして思えん。
まぁ、自分が高校生くらいの頃って、アニメを見ている、とか、声優が好きだ、というと、それだけでネガティヴなイメージを持たれたりしていたので、大翔の気持ちもわからないではない。自分が好きなものは、一人で楽しみたい、なんていうのもわかる。しかも、優衣奈の方が、かなりグイグイと来るから多少、タジタジになってしまう、っていうのも含めて。そういう意味では、わからんでもない部分はある。でも、優衣奈の気持ちに鈍感すぎないか、お前!? という感想がどうしても浮かぶ。
と、色々と大翔にツッコミを入れてしまったんだけど……何よりも、楽しそうだな、というのを感じた。

No.5786

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

スポンサーサイト



COMMENT 0