FC2ブログ

ユア・フォルマ 電索官エチカと機械仕掛けの相棒

著者:菊石まれほ



脳の縫い糸(ユア・フォルマ)。ウィルス性脳炎の流行によってつくられた医療技術は、人々の日常生活を支える情報端末として世界へ根付いた。人々の視覚、聴覚、感情……すべてを記録する「機憶」。そこにダイブし、重大事件解決の材料とするのが、電索官の仕事。最年少で、電索官に就任するも、その力ゆえに、相棒を病院送りにし続けていたエチカの新たな相棒として指名されたのは、ヒト型ロボット「アミクス」のハロルドで……
第27回電撃小説大賞・大賞受賞作。
言い方は悪いのだけど、非常に手堅い作品だな、という感じがする。
世界設定としては、冒頭の粗筋に書いた通り。その機億にダイブする際には、電索官と補助官が協力しなければならないが、エチカは、その能力が高すぎるがゆえに、補助官は支えきれず……ということが続いていた。そこで新たな補助官になったのが、人間ではないアミクスであるハロルド。しかし、エチカは、大のアミクス嫌い。そんな二人が捜査することとなったのは、テロ事件で使われた電子ウィルス事件。
このエチカとハロルドのコンビ。まず、この構成が、バディものの刑事モノとしての王道という印象。エチカは、昔気質の頑固な刑事。それに対して、人当たりの良さと、冗談などを交えた会話などで情報を引き出すハロルド。そして、それはエチカに対しても……。物語の語り部であるエチカは、そのハロルドがどうにも気に入らない……っていうのは、相棒ものの作品の王道。
勿論、そこに作品ならではの設定も活きている。アミクスは、人間ではなくてロボット。特に、人間の世話などをし、人間に害をなさない存在、として作られた存在。その存在がいることで、人々の生活が成り立っているのは確かだが、その人間に向ける言動などは、彼らの自由意思ではなくて、あくまでもプログラムとして設定されているものに過ぎない。それは、本当に人間の役に立っているのか? なんていう命題が現れる。しかも、ハロルドは、他のアミクスとは違い、冗談やらも含め、その本心(?)が全く読めない存在。そんな存在は信頼できるのか?
そんな両者がぶつかり合い(というか、エチカがハロルドに翻弄されて)、捜査は進んでいくのだが……やがて、エチカに窮地が訪れて……
物語としてとんがった作品か、と言われると、そこまでではないように思う。エチカの抱えている過去なども含め、ある程度、よみながら予想していた範囲内とは言える。そういう意味でも、凄く王道、と言う感じがする。ただ、じゃあ、それが悪いのか、と言えば個人的にはNO。相棒もの、SFもの。そういうものの設定をしっかりと取り入れ、盛り上げるところは盛り上げ、分量の中に過不足なく入れて、しっかりとまとめ上げる、という完成度の高さは文句なし。安心して読める作品だと思う。

No.5792

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

スポンサーサイト



COMMENT 0