fc2ブログ

五人一役でも君が好き

著者:壱日千次



野球の特待生として入学したものの交通事故で、将来を絶たれた牧原大河。しかも、入学早々の肝試しで肥溜めに落ちてしまった。そんな彼を救ってくれたのは、誰もが憧れる完璧な生徒会長、近衛・R・知佳。彼女に恋してしまった大河は、猛勉強の末、学年トップの成績となり、会長補佐に就任することに。……が、ひょんなことから彼女は特技の異なる五つ子が、五人一役で演じている、ということを知ってしまい……
令和の世になって「肥溜め」という単語を目にするとは思わなかった……
まぁ、それはともかくとして、かなりトリッキーな設定を用意してきたな、というのを思うところ。
粗筋に生徒会長の知佳が、実は五人一役だった、ということを知った大河。しかし、大河は、そのことを知ったうえで五姉妹全員とむすばれるハーレムを目指すことに。一方の五姉妹は、大河にバレている、ということは知らず、でも、大河が知佳に惚れている、という前提でちょっかいをかけたり、共に行動をしたり……
著者の過去の作品でもそうなのだけど、基本的にはかなりツッコミどころの多い展開。そもそも、知佳が勉学担当、運動担当、芸能担当などがいるのは良いけど、SNS担当とか、やさしさ担当って……。SNSとかで配信する必要ない気がするし、結構、芸能担当とも被ってない? その辺りの設定のツッコミどころと、しかも、かなり脇の甘い演じ分け部分が楽しかった。何よりも大河。(本来の)知佳である長女(勉学担当)については、あまり褒めていない、という……
で、そんなこんなでいよいよ、実は五人一役だ、ということを千佳がカミングアウト……というところになってのオチ。
流石にそれは予想できなかった! そして、その上で、での大河の貪欲さも。
あとがきで、続編が出るかどうか不明、という風にあるのだけど、なんで五人一役をしているのか、とかは全く明かされていないまま、だし、続巻が出たらそういうところも期待したい。

No.5976

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

スポンサーサイト



Tag:小説感想MF文庫J壱日千次

COMMENT 0