(書評)螺鈿迷宮

著者:海堂尊

螺鈿迷宮螺鈿迷宮
(2006/11/30)
海堂 尊

商品詳細を見る


留年を繰り返す落ちこぼれ医大生の天馬大吉。そんな彼はある日、幼馴染で、新聞記者である葉子から、ホスピスとして名を売っている桜宮病院への潜入取材を依頼される。その場では断った大吉だったが、葉子の策略にはめられ行くしかなくなって…。
今回は、出版社も異なり、主人公も変更、と言うことで番外編風味の作品。ただ、白鳥は出てくるし、東城大病院との関わりもあるし、また、『ジェネラル・ルージュの凱旋』と同時進行らしい、なんていうことで関連性は強いのだけれども(何せ、バチスタ・スキャンダルとか、かなり影響しているし)
前作、『ナイチンゲールの沈黙』は、ちょっとオカルトのほうへ脚を踏み入れていて「うーん」というところがあったのだけれども、今回は、再び『チーム・バチスタの栄光』と同様、医療を巡る社会問題などに一石を投じる作品へと仕上がっている。
「人間は必ず死ぬ」 そんな当たり前の事を考えれば、死を迎える体制、死を迎えるための施設というのは極めて重要なもの。しかし、実際問題としては、そのことを鑑みる状況はできていない。解剖という形で死者の本当の死因の解明すらされていないのと同様、医療費削減の名の下に切り捨てられていく終末医療の現場。医療保険制度の問題点に、病院同士の力関係、さらには『チーム・バチスタの栄光』で綴られたAIを用いたトリック…など、社会派な内容で綴られている。丁度、昨今、高貴高齢者医療制度が報道で大きなウエイトを占めているわけだが、そういうものとも関連させて読ませる。
と言いつつ、相変わらず、キャラクター小説的な部分も健在。今回は遂に「氷姫」が登場したわけだけど…うん…色んな意味で大変だ、こりゃ(笑) 白鳥ですら疲れる、っていうのは良くわかる。ただ、そういう関連性が逆に強いから、次々と患者が死んでいく…という状況下で「姫宮さんが怪しい」と言う大吉の推察が読者に丸外れとばれているのはちょっと勿体無い。こういう部分が、シリーズの弱点と言えば、そうなのかも知れない。
また、結局、この物語では、何も解決していない、というのもちょっと後味が悪いかな? と思う。大吉の成長物語、と言う観点では良いのだが、それ以外については結局、成り行き任せだし…。もうちょっと、何らかの形で決着が付けて欲しかったな、と思わざるを得ない。

通算1287冊目

にほんブログ村 本ブログへ



http://blogbookreview.blog70.fc2.com/blog-entry-51.html
http://1iki.blog19.fc2.com/blog-entry-180.html
スポンサーサイト

COMMENT 2

ピッコロ  2008, 06. 19 [Thu] 23:21

こんばんは、いつもネットラジオ等でお世話になっております。昨日も遅くまで聴いて頂いてありがとうございました。

記事とは関係のないコメントで大変失礼いたします。

今回、「今期終了アニメの評価をしてみないかい?」という企画を立ち上げましたので少し宣伝させてください。


今期幾つかのアニメが最終回を迎えますが、それらの作品に限りブロガーの皆様に点数で評価して頂き、その平均点を算出してみたいと思っております。
最終回まで見た、あるいは感想を書かれているという作品のうち幾つでも構いません、もしこの企画に賛同して頂けるのであれば是非参加してくださいませ。

詳しい投票方法等については以下の記事に書いておりますのでご覧ください↓

http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51042191.html


宣伝大変失礼いたしました。今後も色々とお世話になると思いますが、どうかよろしくお願いいたします。

Edit | Reply | 

たこやき  2008, 06. 20 [Fri] 19:55

ピッコロさんへ

こんばんは~。こちらこそ、いつも楽しませていただいております。

企画の方は、わかりました。
参加させていただこうと思います。

こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたします。

Edit | Reply | 

TRACKBACK 2

この記事へのトラックバック
  •  『螺鈿迷宮』(海堂尊) <感想&書評>
  • 螺鈿迷宮 上 (角川文庫)海堂 尊発売日:2008-11-22売り上げランキング:132おすすめ平均 Amazonで詳しく見る 本の内容 医療界を震撼させたバチスタ...
  • 2009.02.07 (Sat) 14:24 | Book A GoGo!!! ~本の読書感想ブログ~
この記事へのトラックバック
  •  螺鈿迷宮 海堂尊
  • 装丁は高柳雅人(角川書店装丁室)。 『チーム・バチスタの栄光』で第4回「このミステリーがすごい!」大賞受賞デビュー。 同年10月に受賞第...
  • 2009.02.07 (Sat) 16:23 | 粋な提案