fc2ブログ

廃遊園地の殺人

著者:斜線堂有紀



プレオープンイベントの最中に起きた銃乱射事件により、廃園となったテーマパーク・イリュジョンランド。その後は、廃墟マニアの富豪・十嶋庵の所有となり、20年間、外部の者が入らない状態になっていた。そんな十嶋が、その廃園へ人を招待する。数多くの応募を潜り抜けた廃墟マニアのフリーター・眞上永太郎は、招待客として、イリュジョンランドを訪れることになるが、そこにあったのは、十嶋からのメッセージ。『このイリュジオンランドは、宝を見つけたものに譲る』 因縁を持つ招待客が宝を捜す中、招待客の一人が串刺し死体で発見され……
作品紹介で『楽園とは探偵の不在なり』があがっているのだけど、そちらは、特殊設定を活かしたミステリ。一方の本作は、(一応)現実的な中でのミステリという意味で、趣は大きく異なっている作品。
粗筋で書いたように、20年前に事件が起きたことによって廃園となったテーマパーク。そこに集められたのは、眞上の他に、かつての従業員、廃墟を題材としたミステリばかりかく作家、廃墟雑誌の編集者と言った面々。そして、主催者である十嶋の出した問いに正解すれば、このテーマパークが手に入る。そんな謎解きゲームの中で、殺人が起こり、さらに……と続いていく。
正直なところ、ちょっと舞台設定が弱いかな? というのは感じた。
ある意味で、廃墟マニア垂涎の的であるテーマパークで開催されたイベント……ということになるのだけど、そもそもの招待客が少なく、なおかつ、半数近くが最初から関係者であることは明白。十嶋の問いに正解すれば……という餌はあるのだけど、ぶっちゃけ、主人公である眞上じゃないけど、「そんなものを貰っても……」という感じだと思うので(固定資産税とか、どうするのよ、と思うし)、ちょっと無理矢理さは感じる。
ただ、その関係者の隠し事。事件に前後して、それぞれの思惑の交錯。それらが複雑に入り組んでの事件、その中のアレコレというのは面白かった。勿論、トリックの方もなるほど、と思わされる。実際に可能かどうかは別にして、ね。
ちょっと引っ掛かった部分がなかったわけではないのだけど、面白かった。

No.6055

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

スポンサーサイト



Tag:小説感想斜線堂有紀

COMMENT 0