fc2ブログ

ナイフを胸に抱きしめて

著者:八重野統摩



父は外に女を作り、母と姉妹を捨てて家を出た。女手一つで姉妹を育てた母は、過労がたたって数年前に亡くなった。小学校教諭になった姉・和奈と、高校3年生となった妹・莉緒。そんな和奈の前に、忘れたはずのその女が現れた。かわいらしい少女の母親として……
これ、どういう風に感想を書けば良いのだろう……。読了して、まずそんなことを思った。
物語の導入は、冒頭に書いた通り。父を奪った女。その女と、教師と保護者という立場で再会した和奈。そのことで忘れかけていた憎しみが燃え上がった。そして、その女・千賀子の前に現われた女は娘を人質にして、彼女に自殺を強要する。その死は単純な自殺と思われたが……
読者からすれば、倒叙もの、として感じられる物語。警察は、その自殺の前後の動きをチェックし、そして、不審な女の目撃証言を得る。しかし、それでも他殺であるとは断定できず、あくまでも「何かおかしい」という印象論のみ。そんな中、和奈、莉緒、そして、和奈の恋人である同僚の村山は……。
これ以上の粗筋は書かない。
エゴとエゴのぶつかり合い。復讐心と言う自分でも止められない気持ち。そんな想いと、その事件が引き起こす波紋。決して派手な事件というわけではない。けれども、その事件と、関係者たちが抱く想いがスリリングでどんどん読ませていく。そして、その事件の真相が明らかになったとき……
ただ、この作品で印象に残るのはタイトルにもあるナイフという言葉。これは、作中、村山が自分の生徒に解説する寓話の話なのだけど、復讐とは? 許しとは? そんなものを問う寓話となっている。そして、それは本作のテーマそのものであって……。なぜ、復讐はいけないのか? 復讐の連鎖がたどり着く先は? 許し、というものがなぜ必要なのか? そんなことを強く意識させてくれる。
物語の結末。果たして、この姉妹はどうなってしまうのか? という思いと、でも、その中で見せた一人の少女の想い……。強い余韻が残る。
……抽象的な言葉だらけになってもうた……

No.6341

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

スポンサーサイト



Tag:小説感想八重野統摩

COMMENT 0