fc2ブログ

俺、ツインテールになります。21 ~メモリアル・ツインテール~

著者:水沢夢



アルティメギルとの最終決戦から数か月。散発的に現れる野良エレメリアンとの戦いを続けるツインテイルズは、記録を残そう、ということに。そんな中、総二たちの前に不可思議なツインテール少女が現れる。観束双愛と名乗る彼女は、とある問題を解決するため、20年後の未来からやってきた総二の娘だという。そんなころ、同じく20年後からやってきた、というエレメリアンが現れて……
シリーズ10周年記念……ということなのだけど、シリーズ完結と言いつつ、何だかんだと続編が刊行されているなぁ、とはどうしても思う。
で、物語なのだけど、20年後からやってきた総二の娘・双愛(そうら)。母の名前は明かせないが、総二の娘ということで、皆は、自分こそが双愛の母親だ、という前提で話を進めていく。恋のさや当て、っていうのはこれまでのエピソードではお約束なんだけど、すべてのヒロインが母親として振舞う。よくよく考えるとかなりシュールなやりとり。そんな中、双愛は何かを隠している。それは一体何なのか?
一方、未来からやってきたエレメリアン・キマイラギルティ。ツインテイルズと敵対するつもりはない、という彼は、実際に直接、戦いをしようとはせず、性癖コンサルタントとして、様々な人の性癖について肯定するような映像などを流すのみ。……ただ、電波ジャックなどをして、なので、それはそれで鬱陶しい。そして、そんなキマイラギルティの目指すものは、新生アルティメギルの結成。そのために彼は、あの敵をよみがえらせ……
ただ、その中で、ツインテイルズが全員揃った、というタイミングで現れる必要性はないはず。それは一体、何故なのか?
キマイラギルティの行動の謎とかは、ちょっと中途半端な感じがする部分があったのは確か。ただ、双愛が抱えているもの。でも、その一方で、総二たちが現在を守ったからこそ、彼女が生まれ、やってくることが出来たのだ、という事実の持つ意味。そして、再び相まみえることとなった宿敵との戦い。この辺りは、素直に「熱い」話だった。
しかし、それはそれとして、今後も、何だかんだと続巻が年一くらいで出そうな気がするのは自分だけ?

No.6441

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

スポンサーサイト



Tag:小説感想ガガガ文庫水沢夢

COMMENT 0