FC2ブログ

ブラスレイター・第13話

「遠い記憶」

ジョセフを追ったアマンダが見た者は、傷つき、倒れる姿。介抱するアマンダにジョセフは語る。自らの生い立ち、自らの過去を…

前回のエピソードが、急転直下な展開だっただけに、今回は比較的落ち着いた印象。
ただ、見ていて気が滅入る、っていう意味では今回の方が…と言う気がしないでもないが。

移民の子として生まれたジョセフ。善良だが、貧しい、老神父の下で幼い弟たちとの日々。神父と共に、寄付を募る生活だが、その視線は厳しく、排斥される日々。だが、そんな中にも、理解を示す者も。だが…
なんか、話としては、マレクのときと同じような感じなんだよな。移民に対する排斥、差別、攻撃。理解を示してくれた人も、結局、その牙に。しかも、信用、と言う点からも薄い彼は、その牙の犯人にされてしまう…。ただ、マレクとの違いは、力はなくとも、最後まで信用してくれる弟たち、そして、神父と言う存在がいた、というところか(マレクの場合、アマンダはいたけど、決して支えになっていなかった、ってところはあるし) 神父の言葉、彼の話す両親の話から、それでも行き続ける。だが…

今回、語られたのはジョセフの少年時代。そして、ザーギンとの出会いまで。
少なくとも、今回だけ見ていれば、ザーギンはジョセフにとっての救いの神のような存在である、という風になるわけだけど…これがどう変遷するのか? それとも、最初から、ザーギンは、実験台として教会へ来たのか? 次回も、その後、ってことになるのかな?

ブラスレイター VOL.1ブラスレイター VOL.1
(2008/08/08)
松風雅也伊藤静

商品詳細を見る


にほんブログ村 アニメブログへ



http://merkmals.blog31.fc2.com/blog-entry-345.html
http://harutoki2.blog18.fc2.com/blog-entry-798.html
http://kagura77.blog99.fc2.com/blog-entry-919.html
スポンサーサイト



COMMENT 0

TRACKBACK 6

この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  ■BLASSREITER【#13】遠い追憶
  • BLASSREITER(ブラスレイター)#13の視聴感想です。 朽ちた教会。 平等でない世界。 着せられた罪。 失うのは弱者。 過酷な世界でも生きる意味はあるのか? ↑さぁポチッとな
  • 2008.07.06 (Sun) 14:01 | 此方彼方其方-コナタカナタソナタ-
この記事へのトラックバック
  •  『BLASSREITER』#13「遠い記憶」
  • 「どれほど過酷な世界であっても、生きる意味はある」 ジョセフと合流したアマンダ。 教会の廃墟で、ジョセフは彼女に自分の過去を語る。 ...
  • 2008.07.07 (Mon) 11:26 | ジャスタウェイの日記☆
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  「BLASSREITER」第13話
  • 第13話「遠い記憶」XAT本部を脱出したアマンダは、ジョセフの案内で廃墟となった教会の地下室に身を潜める。ここは、彼が幼いころに暮らしていた場所だという。ジョセフは自身の過去を語り始める・・・。Yahoo動画の誤配信。詳細はコチラ。本放送よりも2日早く拝見...
  • 2008.07.07 (Mon) 18:51 | 日々“是”精進!
この記事へのトラックバック
  •  BLASSREITER 第13話「遠い記憶」
  • BLASSREITER―ブラスレイター―の第13話を見ました。第13話 遠い記憶「大丈夫?」雪の降る中、倒れているジョセフに手を差し伸べるアマンダはジョセフが教えてくれた地下室へと運び、休ませる。「あなたはこの場所を知っているの?」「俺はここで育ったんだ。俺は移民の...
  • 2008.07.09 (Wed) 12:04 | MAGI☆の日記